ここから本文です

全否定の「囚人筋トレ」が普通の自重筋トレと違う3つの理由

2018/11/5(月) 20:39配信

ニューズウィーク日本版

続編は上級編というより、関節やライフスタイルを扱う

ウェイド流「堀の中の筋トレ法」に取り組み、「ビッグ6」のそれぞれで先のステップへと進んでいけば、相当な筋力を得られるだろう。何しろ、プッシュアップの「ステップ10」は「ワンアーム・プッシュアップ」、つまり片腕での腕立て伏せだ。下の写真を見てもらいたい。

「肩と肘を曲げ、顎が床面からこぶしひとつ離れた位置にくるまで、体をコントロールしながら下ろしていく」(『プリズナートレーニング』91ページ)と書かれているが、この域に達することができる人は果たしてどれだけいるのか。

とはいえ、だからといって続編の『プリズナートレーニング 超絶!!グリップ&関節編』が、1冊目の内容をこなした超・超・上級者のみ対象の本というわけではない。

1冊目の刊行後、読者から寄せられた質問に答えるべく制作されたこの続編は、「特殊な部位の鍛え方」「関節トレーニング」、そして「脂肪の減らし方、疲労からの回復法など、ライフスタイル上のアドバイス」の3つをテーマとしている。

ウェイドによれば、自重トレーニングでグリップ(握力)や関節にまで気を配りながら鍛えることで、ケガなく、真に強靭な体をつくり上げることができるのだ。無理な筋トレで関節や腰を痛めた経験のある人には、見逃せない内容ではないだろうか。

1冊目の『プリズナートレーニング』でウェイドはこのように書く。

 現代的なジムトレーニングといにしえのキャリステニクス(編集部注:自重トレーニングのこと)の違いについて、長い論文を書くこともできる。しかしスペースがないので、基本的な話にとどめる。キャリステニクスが他の現代的な方法よりも優れている領域は6つある。(44ページより)

そうして8ページにわたって6つの「利点」を説明している。

1. 自重力トレーニングは器具をほとんど必要としない
2. 自重力トレーニングは有用で機能的な運動能力を発達させる
3. 自重力トレーニングは筋力を最大化する
4. 自重力トレーニングは、関節を保護し、より強いものにする
5. 自重力トレーニングは完璧な体を開発する
6. 自重力トレーニングは、あなたの体脂肪レベルを正常化し調整する

もはや自重トレーニングに、取り組まない理由はないと言えるかもしれない。あなたが体を鍛え、デキるビジネスパーソンになりたいのであれば、なおさら。

ニューズウィーク日本版ウェブ編集部

3/3ページ

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ニューズウィーク日本版

CCCメディアハウス

2019-1・29号
1/22発売

460円(税込)

【特集】世界はこう見る日韓不信
徴用工判決にレーダー照射……中国が台頭する東アジアで終わりなき争いを続ける日本と韓国への「処方箋」

ニューズウィーク日本版の前後の記事

あなたにおすすめの記事