ここから本文です

かつてはプレリュードにソアラ! 実用性も兼ね備えたイマドキの大人のデートカー5選

2018/11/6(火) 11:40配信

WEB CARTOP

見た目以上の上質感を演出するクルマも

 かつての80~90年代、日本には「デートカー」というカテゴリーがあって、六本木のカローラ=赤いBMW3シリーズやホンダ・プレリュード、初代トヨタ・ソアラなどがその代表格だった。そんな時代を知る、今の大人が乗るべきデートカーを紹介する。

【写真】女性に嫌われる! 勘違いしたエスコート

1)DS7クロスバック

 その筆頭がDS7クロスバック。エクステリアの堂々たる存在感もさることながら、キラッキラのインテリアはフレンチラグジュアリーの極み。クルマデート百戦錬磨の大人の女性でもこれには酔いしれるはず。しかも乗り心地ときたら、大海をいくクルーザーのようなふんわりタッチ。クルマで女性を落とせるなど妄想にすぎないが、こいつはそれを可能にしてくれそうなセクシーさがある。

2)DS4

 DS7クロスバックではサイズも価格もちょっとね……というなら同じくDSのDS4である。頭上まで広がる大きなパノラミックフロントウィンドーから夜空、雨のしずくを見上げながらのドライブはロマンチックそのもの。もっと言えば、DS7クロスバックもそうだが、ちょっとクルマ好きな女性にさえ「DS」と言ってもなんだか分からないところもミステリアスな時間を演出できよう。セクシーな本革シートを選べば、大人のデートカーとしての完成度はさらに高まる。

3)VWアルテオン

 費用対効果……という意味では、VWアルテオンがずばぬけている。中身はほぼパサートで549万円からの値付けながら、その流麗にもほどがあるスタイリングはスーパーカーを彷彿させるもの。デジタルメータークラスター付きのグレードなら、先進感も抜群でさらなるスーパーカー感を演出。

 インテリアそのものに色気はないものの、エクステリアと、とても値段に見えない存在感がもたらす、費用対効果の究極である。3色のシートカラーと6色のボディーカラーから、好みのコーディネートが選べる、より大人のデートカーとしてふさわしいアルテオンEleganceも登場した。

 と、輸入車ばかりを取り上げてきたが(あえて大人の女性が知り尽くしているメルセデス・ベンツやBMW、アウディは意図的に外しました)、国産車のファミリーカーでも現代の大人のデートカーにぴったりな車種がある。

1/2ページ

最終更新:2018/11/6(火) 18:36
WEB CARTOP

記事提供社からのご案内(外部サイト)

クルマの「知りたい」を完全網羅
新車試乗・最新技術・お役立ち情報 etc……
すべてがわかる自動車メディアの決定版

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事