ここから本文です

アトレチコFWグリーズマンが国内リーグ比較 “ドイツはイングランドより上”と持論

11/6(火) 7:40配信

Football ZONE web

「僕はスペインを1位に推す」と語るグリーズマン 「続いてブンデス、プレミアだ」

 アトレチコ・マドリードのフランス代表FWアントワーヌ・グリーズマンは、6日のUEFAチャンピオンズリーグ(CL)グループステージ第4節ドルトムント戦を前に、ドイツのブンデスリーガがイングランドのプレミアリーグに比べて過小評価されているとの見解を示し、ドイツサッカーを高く評価している。

【動画】ゲレイロ2発…ヴィツェル、サンチョもゴール! CL第3戦「ドルトムントvsアトレチコ」(4-0)ハイライト

 アトレチコは現地時間10月24日、CLグループステージ第3節ドルトムント戦に臨み、ポルトガル代表DFラファエル・ゲレイロに2ゴールを奪われるなど0-4の敗戦を喫した。

 この悔しい敗戦から2週間が経ち、第4節で再戦を迎えるアトレチコのエースFWグリーズマンは、ドイツ紙「キッカー」の取材に対して国内リーグの質で言えばドイツのサッカーがスペインと最も近いと分析。加えて、より人気のあるプレミアリーグに比べて評価が低い風潮があると語った。

「(ドイツリーグは)たくさんの攻撃があり、非常にオフェンシブなリーグだ。ドルトムントは、それをよく反映していると思うよ。僕はスペインを1位に推す。CLのラウンド16や準々決勝には多くのスペインのチームが出ているからね。続いてブンデスリーガ、プレミアリーグだ。プレミアは確かに人気があり、世界で最も視聴されていてブンデスはちょっとした影のような存在だが、タレント性やチームにおいて違いはあまりないと思うよ」

グリーズマンのブンデスリーガ評 「魅力的で、たくさんのゴールが生まれる攻撃的リーグ」

 一方で、ブンデスリーガへの将来的な移籍を否定しなかったものの、スペインで迎える一戦を熱望していることを明かした。

「ブンデスリーガは非常に魅力的で、たくさんのゴールが生まれる攻撃的なサッカーのリーグだ。それは先日のドルトムント戦で経験できたよ。もちろんプレーできるリーグになるかもしれないが、僕はアトレチコでとても快適だ。ここで僕は100%を出し尽くしたいほどの美しいプロジェクトがある。クラブの成長を助け、歴史を作りたいと思っているよ」

 ドルトムントへの警戒を示すとともに、クラブ愛を強調したグリーズマン。水曜日の試合ではドルトムントを破ることで、勝ち点3を積み上げることはできるのだろうか。

Football ZONE web編集部

最終更新:11/6(火) 7:40
Football ZONE web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Football ZONE web

fangate株式会社

日本代表や欧州各国リーグなど、国内外のサッカー情報を毎日更新

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ