ここから本文です

宮司交代の靖国神社、背景に内部闘争か 創立150周年を控えてのゴタゴタ

11/6(火) 8:01配信

デイリー新潮

不敬発言流出はクーデターという「靖国神社」神々の権力闘争(2/2)

「週刊ポスト」が報じた「不敬発言」によって、靖国神社のトップである小堀邦夫宮司(68)はその座を追われることとなった。会議で発した〈今上陛下は靖国神社を潰そうとしているんだよ。わかるか?〉などの言葉が問題視されたものだが、靖国神社関係者は、その背景の“クーデター”の存在について言及する。

 ***

 問題の調査にあたっては、発言を流出させた職員に処分を下さないことが決められたうえで、内部調査報告書が作成される経緯を辿った。報告書で「流出犯」に近いと認定されたのは、小堀氏の前任の徳川康久氏(70)グループの職員だったが、

「要は徳川グループが小堀宮司の転覆を画策し、その『実行犯』がバレそうになって、そいつを絶対に守らなければいけないと考えた上での『不処分の出来レース』なのではないかと目されているんです」(神社界関係者)

 徳川家の末裔である徳川氏は、賊軍の合祀に理解を示す発言や、LEDを用いた「プラネタリウム化」を進めるなどの行動が問題視され、今年2月に宮司を退任している。その立て直しを任されたのが、小堀氏だった。

「しかし、徳川時代から続く靖国神社の『惨状』から脱却するのは至難の業だったようですね」

 と、神社界の事情通が説明する。

「プラネタリウム化に象徴される神社の『見た目』や『体裁』を気にする一方、その『内実』は荒(すさ)んでいた。一例を挙げると、靖国神社に勤める者としての意識が低すぎるのではないかとの懸念から、今夏、神職に対して簡単な『テスト』が行われました。その内容は、『東京招魂社(靖国神社の前身)』『戊辰戦争』『版籍奉還』『満州事変』等、靖国神社と縁のある言葉を漢字で書けといったような極めて初歩的なものも含まれていました。神職たちの間では、『俺たち、こんなことを試されるほどダメなんだ』と、落胆の声が広がったそうです」

「負の遺産」見直しの矢先に…

 さすがにこの状況では、英霊に対し安心して眠ってくださいとは言いにくかろう。さらに、靖国神社が来年に創立150周年を迎えるのに合わせて、

「御創立150年記念事業およびそれに付随する中長期計画というものが進められ、その総額は約35億円にものぼります。だいたいが『見た目』を改善するもので、そんなことをやっても崇敬心は高まらないだろうという事業なのですが、金額ベースでその4割前後を、ひとつの小さなコンサルタント会社が請け負っている。こうした状態は徳川宮司の時に作られたもので、彼のもとで好き勝手に振る舞っていたのが徳川グループです。小堀宮司は、この事業も問題視し、組織改編を断行。改編された組織が、11月1日付で始動する矢先のことでした」(同)

 とどのつまり、徳川時代の「負の遺産」の見直しが実行に移される時を見計らったかのように、音声データは流出したのである。それも前記した通り、徳川グループが関わっていると見られる形で。そして、その責任は不問に付される格好で――。

 当の靖国神社は、

「ご指摘のような神社内でのクーデターという認識はございません」

 と言うのだが、企業法務や不祥事対応に詳しい渥美陽子弁護士は首を捻る。

「本来、懲戒委員会を発足させ、音声データ流出の経緯を調査し、事実確認をした上で流出させたと思われる者を処分するかどうか、処分を行うとしたらどのような処分を行うのが妥当か、議論し、結論を出すべきだと思います。ところが今回は、処分をしないという結論が調査報告より先に出ているので、結論ありきとの印象を受けます。公正な調査が行われた上での結論だったのか疑念を招く恐れがあり、背景に組織の内紛や内部対立があると見られても仕方がない」

1/2ページ

最終更新:11/6(火) 8:01
デイリー新潮

記事提供社からのご案内(外部サイト)

デイリー新潮

新潮社

「週刊新潮」毎週木曜日発売

「デイリー新潮」は総合週刊誌「週刊新潮」が発信する最新の話題に加え、専任取材班よる綿密な取材に裏打ちされた記事を配信するニュースサイトです。

あなたにおすすめの記事