ここから本文です

TWICE モモ ダンスもトークももっと上達したい

11/8(木) 10:12配信

NIKKEI STYLE

 幼少期から打ち込んできたダンスでTWICEに躍動感を与えるモモ。ミュージックビデオやライブパフォーマンスで、楽曲の間奏などにソロパートを踊る機会も多い。デビューのきっかけとなったオーディション番組では一度落選。プロデューサーがグループへの必要性を感じ、復活を遂げた。だからこそ、「活動できることが感謝。今はほかの(ソロなどの)活動は考えられない」ときっぱり。グループ愛はひときわ強い。

 「韓国が拠点なので、日本での評判がいまいちピンとこない部分もあります。ですが、地元の友達から『『ミュージックステーション』(テレビ朝日系)の反響すごかったよ』など活動の反響を教えてもらうとうれしくて。『紅白歌合戦』(NHK)に出場が決まった時も、家族がすごく喜んでくれました。当日は、それまで日本の芸能人の方とお会いする機会がなかなかなかったので、驚きの連続(笑)。今年に入ってからも、私たちが出演する『ワイモバイル』さんのCMをホテルの部屋で見た時は、みんなでテンションが上がりましたね(笑)。

 数多くやらせていただいたファッション誌のお仕事も印象深いです。プロの方にきれいにしてもらうとワクワクするし、普段とは違う服を着ると新しい自分も発見できる。もともと撮るのも撮られるのも大好きなので、それを仕事にできて幸せです。

 ときどきYouTubeで私のメイクのHOW TO動画を見かけるんですが、まねしてもらえる立場になるなんて…。今、日本の若い女性にも韓国のメイクなどが人気のようなので、ファッション面でもTWICEがアイコンになれたら。そんな思いもあって、SNSでメイクがかわいい人や、着こなしが上手な人の写真はよく見ています」

■掃除が苦手なんですけど…

 2017年に続き、米映画情報サイトが発表する「世界で最も美しい顔100人」に18年もノミネートされた彼女。スタイル抜群のゴージャス美人だが、当の本人は「ファンのおかげです」と照れるばかり。「メンバーの中では完全にいじられキャラ」と楽しげに笑う。

 「よく互いのことをいじり合っているんですが、特に私はチェヨンちゃんやナヨンさんにいじられます(笑)。私たちはおしゃべりが大好きだから、振り入れの時も『おしゃべりがなければもっと早く済むのにね』とよく言ってます(笑)。

 今も寮生活をしているのですが、同室のジョンヨンちゃんはメンバー随一のきれい好き。一方、私はあまり掃除が上手じゃないので(苦笑)、部屋を片付けたり、私の分まで洗濯してくれることも。本当に助けられてます。

 生活を共にしているからおのずと絆が深まっていくんですよね。例えばライブで歌う楽曲候補が何曲かあって、メンバー同士で『どの曲がいいか』を決める時に、メンバー間で意見が分かれることはほとんどないんです。私たちの総意を事務所に伝えるのは、リーダーのジヒョちゃん。すごく頼りになるリーダーです。

 早朝のリハーサルはみんな眠そうですが(笑)、舞台に上がると顔つきが変わります。終わった後も、映像を確認して画面をキャプチャーして『この位置がちょっと違うね』など指摘し合うことも恒例になりました。気づいた人が教え合うのが私たち流ですね」

 ことダンスの話になると言葉が熱を帯びる彼女。日本での1stアルバム『BDZ』では今までのキュート&ポップはそのままに、かっこよさや勢いなど新しいTWICEも表現できたという。

 「『BDZ』ではバラードなど新たに挑戦できたことも多いですが、欲を言えばもっとかっこいい系やパワフルに踊れる楽曲にもチャレンジしてみたい。動画でトレンドのダンスをチェックしていて、レッスンも受けてみたいですが…まだ時間が取れてなくて。

 先日たまたま『世界の果てまでイッテQ!』(日本テレビ系)を見たら、イモトアヤコさんが、私も子どもの頃から大好きな安室奈美恵さんと対面してて。イモトさんの思いも感動的だったし、安室さんという存在のすごさを改めて痛感しました。TWICEもたくさんの方の『夢』になりたいと再確認しました。そのための課題は山積みですね。ライブでメンバーが日本語のMCで苦戦しているのを見ると私たち日本人メンバーの力不足を実感します。(事務所の)2PM先輩は、日本でライブをやる時は日本語を流暢に話していて、しかもトークも面白い。先輩方を見習って、9月から始まった日本で初のアリーナツアーではトークも頑張りました」

(ライター 橘川有子)

[日経エンタテインメント! 2018年10月号の記事を再構成]

※11月2日(金)から11月10日(土)まで日替わりでメンバー9人の個別インタビューを掲載します。11月5日(月)はサナです。

最終更新:11/8(木) 12:15
NIKKEI STYLE

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ライフスタイルに知的な刺激を。
生活情報から仕事、家計管理まで幅広く掲載
トレンド情報や役立つノウハウも提供します
幅広い読者の知的関心にこたえます。

あなたにおすすめの記事