ここから本文です

穴馬パターンにぴったり合致。エリザベス女王杯は3頭が大仕事するぞ

11/8(木) 6:21配信

webスポルティーバ

 牝馬の頂上決戦となるGIエリザベス女王杯(京都・芝2200m)が11月11日に行なわれる。3歳馬とそれ以上の古馬との、世代間の実力比較が難しいうえ、牝馬限定戦としては数少ない2000mを超えるレースゆえ、予想はなかなか困難を極める。

【写真】エリザベス女王杯の狙い目は?

 そのため、過去10年の結果を振り返ってみても、1番人気はわずか1勝と波乱含みのレースとなっている。2009年には、単勝1.6倍と断然人気の3歳牝馬ブエナビスタが3着に敗戦。11番人気のクィーンスプマンテが大金星を挙げて、2着にも12番人気のテイエムプリキュアが入って、馬連が10万2030円、3連単が154万5760円という高配当をつける歴史的な波乱となった。

 その他にも、2012年には7番人気のレインボーダリアが優勝。2015年には6番人気のマリアライトが人気の各馬を抑えて快勝している。また、2016年には12番人気のシングウィズジョイが2着に、2017年には9番人気のクロコスミアが2着に突っ込んでくるなど、穴馬の台頭も少なくないレースだ。

 秋のGIシリーズは、早くも折り返しを迎えようとしている。後半戦に向けて弾みをつけるためにも、ここでオイシイ馬券をゲットしたいところだ。そこで、過去の傾向をもとにして、一発ありそうな伏兵馬を探し出してみたい。

 まず、過去10年の結果を見てみると、3歳馬と4歳馬が強いことがわかる。3着までに来た30頭のうち、3歳馬は11頭、4歳馬が13頭、5歳馬が5頭、6歳以上の馬は1頭となっている。

 今回、6歳以上のベテラン牝馬が何頭か出走予定だが、基本的には3歳、4歳馬を中心視して、手を伸ばしても「5歳馬まで」というのが、このレースの必勝法と言えるのではないだろうか。

 それを踏まえて、最初に取り上げたいのは、4歳の上がり馬だ。

 こうした馬は下級条件から勢いよく上がってきているものの、実績馬が上位人気を占めるため、伏兵扱いにとどまることが多い。しかし、そんな馬たちが過去のエリザベス女王杯では、何度となく上位争いを演じてきている。

 先述のマリアライトがいい例だ。同馬は、春に条件戦を連勝してオープン入り。続くGIIIマーメイドS(阪神・芝2000m)でも2着に入って、牡馬相手のGIIオールカマー(中山・芝2200m)でも5着と健闘していた。

 同じく前述のクロコスミアも、直前に1600万下特別、GII府中牝馬S(東京・芝1800m)を連勝していた。さらに、2012年に5番人気で3着となったピクシープリンセスも、下級条件を勝ち上がって挑んできた馬である。

 それぞれ、重賞実績豊富な馬たちに人気を譲ったものの、現状の勢いに乗って人気以上の結果を残した。

 なお、先にも触れているとおり、ここに挙げた3頭は皆、4歳馬。つまり、勢いのある”4歳の上がり馬”がいれば、外せない、ということだ。

 そして今年は、この例にピタリとハマる馬がいる。レッドジェノヴァ(牝4歳)だ。

 文字どおりの”上がり馬”である同馬はこの夏、1000万下特別、1600万下特別と連勝し、続く前走のGII京都大賞典(京都・芝2400m)でも、GI2勝のサトノダイヤモンドに半馬身差まで詰め寄る2着と奮闘した。

 GI馬や重賞勝ち馬に人気は譲っても、このレースぶりからして一発あってもおかしくない。金星を期待して、積極的に狙っていきたい1頭だ。

1/2ページ

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Sportiva

集英社

スポルティーバ
10月31日(水)発売

定価 本体1,593円+税

フィギュア特集『羽生結弦 新世界を拓く』
■羽生結弦インタビュー
■トロント公開練習フォトギャラリー
■アイスショープレイバック

あなたにおすすめの記事