ここから本文です

凍結したクルマのフロントガラスにお湯は危険! エアコンのヒーターも注意が必要

11/8(木) 6:21配信

WEB CARTOP

あらかじめシートを被せるか専用の解氷ケミカルが有効

 これからの冬の季節、フロントガラスが凍結してしまうことがある。雪なら払えばいいが、ガチガチに霜が付いているとすぐには出発できないことも。そんなとき、お湯をかけて溶かすこともあるのではないだろうか。もちろんお湯をかければ溶けるので、すぐに視界は確保できる。

自作の解氷スプレーの驚異の効果はコチラ!

 ただし、フロントウインドにお湯をかけるのは注意が必要だ。自動車用のガラスは強化ガラス、もしくはフィルムをはさんでそれを2枚重ねした合わせガラス使用されている。フロントガラスに使われるのは後者となるのだが、いずれにしても硬くて割れにくい。そうなるとお湯をかけてもいいように思うが、温度差があると割れてしまうことも。

 家庭でもガラスのコップにお湯を注ぐとパリッと一気に割れることがあるが、それと同じだ。硬くて柔軟性に欠ける強化ガラスではなおさらで、ガラス表面にキズがある場合は、そこからヒビが入ることがあるので注意が必要だ。

 同じように、ヒーターを付けてデフォッガーにして、暖めて溶かそうとするのも同じ理由で注意したい。お湯ほどは急激な変化はないのでシビアになる必要はないが、キズがあればそこから割れるので、よく確認してから行なうようにしよう。

 ちなみにヘッドライトがガラスレンズが主流だった頃。ハイワットの発熱が大きいバルブに交換していて、夕立に急に降られるとレンズが割れることがあったが、それと同じだ。

 防止策としては、寒いところに止める際はシートを被せるなど、事前の準備をする。どうしてもお湯で解かしたい場合は、温度を低くして、ゆっくりとかける。また、専用ケミカルの解氷剤を使用するのもいいだろう。

近藤暁史

最終更新:11/8(木) 6:21
WEB CARTOP

記事提供社からのご案内(外部サイト)

クルマの「知りたい」を完全網羅
新車試乗・最新技術・お役立ち情報 etc……
すべてがわかる自動車メディアの決定版

あなたにおすすめの記事