ここから本文です

目標は『Jリーグを牽引するクラブへ』。元最年少J社長が語ったグランパスの将来

2018/11/8(木) 18:06配信

footballista

【Jクラブ特集第2弾】集客したければ魅了せよ――偶然には頼らない名古屋グランパス Episode 2

「Jリーグ史上最年少社長」の肩書きで覚えている人もいるかもしれない。34歳にしてヴィッセル神戸のトップに立った経歴を持つ清水克洋氏(40)は、現在、名古屋グランパスで「執行役員 事業統括 兼 マーケティング部長 育成管理部長」という役職を担っている。

2013年、楽天・三木谷浩史会長に抜擢され、J2降格の窮地に陥っていた神戸の立て直しに奔走。組織変更のため2年間での退任となったが、17年には同じくJ2降格の憂き目に遭った名古屋に呼ばれ、小西工己社長の右腕的存在となっている。

開幕からの絶不調、夏場の大補強、7連勝からの3連敗。何かと話題を欠かない今シーズンの名古屋グランパスだが、その内部ではいったい何が起きているのか。目指す先は『シャチの祭典』という清水氏に話を聞いた。


取材・文 MCタツ
編集 竹内達也
写真 黒川真衣

■クラブの総力を結集した「4万3579人」

―― 就任から約1年半、現状の手応えはどうですか?

「率直に、今年の入場者数には驚いています。入社する前に思っていた『名古屋、愛知の底力』かもしれないですね。グランパスは色々な方から『ポテンシャルがあるクラブ』と言われていたそうですが、そのポテンシャルが昨年と今年、少しずつ爆発しかけている感じなのかなとも思います」


―― ご自身で「俺はこれをやれた」みたいなところはありますか?

「自分がというのはあれですが、クラブの成果として、これだけの方にご来場いただいたのは大きいですね」


―― 具体的にはどのようなことを?

「クラブ全体での取り組みを重ねた成果だと思います。積み重ねてきたデジタルマーケティングのベースがあり、その上でいかに面白い企画をやって、いかにたくさんの人にそれを知ってもらい、いかに興味を持って足を運んでもらうか、というシンプルな話です。

 たとえば8月11日、J1第21節鹿島戦での4万3579人。みんなが4万人を絶対に達成したいと思っていましたし、そのためにできることを、これまでの常識に捉われずに全部やったという感じです。そういうクラブ全体の取り組みをこの立場で関われたのはすごくありがたいです」

1/7ページ

最終更新:2018/11/8(木) 23:03
footballista

記事提供社からのご案内(外部サイト)

月刊フットボリスタ

株式会社ソル・メディア

Issue 067
3月12日(火)発売

特別定価1000円(税込)

[特集]
ケガとともに生きる

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事