ここから本文です

集中できない! 仕事中にイライラする同僚の行動、2位「ため息ばかりつく」より気になるのは……?

11/8(木) 12:05配信

Suits-woman.jp

これから年末にかけてやっておきたい仕事はたくさん。今こそ集中したい!そんなときに職場で気になる行動をとる人がいると……イライラする~(涙)。というわけで、今回はメディケア生命保険株式会社が20~59歳の男女1000人を対象にアンケートを実施した、「ビジネスパーソンの疲れとストレス」についての調査結果をご紹介します。

仕事をしているとき、他人の行動で、思わずイラッとしてしまうこと

10位:オフィス・職場内をドタバタ走る(14.8%)
9位:勤務中にSNSに投稿している(15.3%)
8位:独り言を言う(15.4%)
7位:デスクでニオイのきついものを食べる(15.9%)
6位:勤務中にネットサーフィンをしている17.1%)

まずは、10位から6位までをチェック。どれも「わかるわ~」という行動がランクインしました。
集中して仕事をと思っているときに、ドタバタ足音がしたり、ブツブツと独り言が耳に入ってくると、気になってしまいますよね。こちらが真面目に仕事をしているときに、楽しい写真やつぶやきをSNSに……なんていうのも、業務でなく個人的なものだとしたら社会人としては×! オフィスでニオイのきつい食べ物を食べるというのも、ちょっと引いてしまいますね。

気になるトップ5は?

5位:ひどい風邪でも出社してくる(21.1%)
高熱でも、咳が止まらなくても出社する私……がんばってる!なんて価値観はひと昔前のもの!! その風邪が職場に蔓延したらどうしてくれる!? と気になって仕方がありません。
しっかり休んで、さっさと治す。それがみんなのためですよ!

4位:貧乏ゆすりをする(22.7%)
小刻みな揺れ……一度視界に入ると気になってしまう貧乏ゆすり。ちょっとした癖なのかもしれませんが、近くにいる人にはストレスになっていることも。自分もやっていないか、振り返ってみましょう。

3位:電話に出ない(23.5%)
電話はみんなで取る、若手が取る、というのが多くの職場のルールかと思いますが、どれだけコール音が鳴り響いていてもシレっとしている人、いますよね……。電話で仕事が中断されるのが嫌なのかもしれませんが、毎回だとイライラしてしまいますね。電話でのコミュニケーションが苦手という若者の話題も耳にしますが、仕事なら慣れていきたいものですよね。

2位:ため息ばかりつく(26.7%)
な、何か嫌なことあった?と聞きたくなるほど大きなため息……こちらの気分まで滅入ってきます。困っているアピールのわざとらしいため息は本当に嫌なもの。その場の雰囲気も重苦しくなるし、暗~い気持ちが伝染してきそうです。自分もため息をつきそうになったら深呼吸に切り替えて!

1位:おしゃべりばかりしている(30.6%)
おしゃべりもコミュニケーションの一部とはいえ、ずーっと喋っているのは気になります。「明るい職場」というのは、そういうものではないですよね。特に業務に関係ない話題でペチャクチャおしゃべりが止まらないのは、正直勘弁してほしい! それで仕事が終わらず残業……それで残業代をもらうだなんて納得できません。

この結果を男女別に見ると、「おしゃべりばかりしている」(男性23.6%、女性37.6%)や「電話に出ない」(男性18.0%、女性29.0%)、「ひどい風邪でも出社してくる」(男性15.2%、女性27.0%)では、男性と比べて女性のほうが10ポイント以上高くなりました。
仕事に集中しない、仕事を選ぶ、周りへの影響を考えずに無理して仕事に来るといった行動にイラッとするのは女性に多いようですね。

どれも他人のことだとイライラしてしまう行動でしたが、無意識に自分がしてしまっていることもあるかも!? みんなが気持ちよく仕事ができる職場環境を築いていきたいものです。


【参考】※ メディケア生命保険株式会社
【調査概要】調査タイトル:ビジネスパーソンの疲れとストレスに関する調査2018 調査対象:ネットエイジアリサーチのモニター会員を母集団とする20歳~59歳のビジネスパーソン(男女) 調査期間:2018年9月7日~2018年9月11日 調査方法:インターネット調査

最終更新:11/8(木) 12:05
Suits-woman.jp

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Suits WOMAN

小学館

2016年 秋号
10月5日発売

590円(税込)

働く30代のためのリアルライフマガジン。
マネー、美容、健康、デジタルなど
きちんと地に足の着いた“堅実女子”の
不安や悩みにきめ細かくお応えします。

あなたにおすすめの記事