ここから本文です

森保監督の志向を代表に呼ばれなくなった選手の顔ぶれから読み解く

11/8(木) 13:16配信

webスポルティーバ

「鈴木優磨と山中亮輔が代表に初選出!」

 ベネズエラ戦(11月16日)、キルギス戦(11月20日)を戦う日本代表のメンバー発表が行なわれ、恒例のように、初めて選出された鈴木(鹿島アントラーズ)と山中(横浜F・マリノス)の名前が、見出しをさらうことになった。

【写真】スペインの目利きが挙げる「森保ジャパンでとてもいいプレー」の5人

 しかし現状では、両選手がどこまで戦力になるかは未知数。おめでたい話ではあるけれど、今回の選考で一番重要なニュースだとは思わない。入る選手がいれば、出ていく選手がいる。これが代表チームの性(さが)だ。これから起きるかもしれない話をするよりも、起きた話をしたほうが、森保ジャパンの実像は浮きぼりになる。

 森保監督が行なったメンバー選考は、コスタリカ戦(9月)、パナマ戦・ウルグアイ戦(10月)に次いでこれが3度目になる。招集され続けている選手もいれば、招集されなくなった選手もいる。

 さらに、2018年ロシアW杯を戦った西野ジャパンと比較することで、森保監督の志向は一段と鮮明になる。

 今回招集されなかった選手で、来年1月に行なわれるアジアカップのメンバーに入る可能性を残しているのは、現在、ケガ等でコンディションを落としている選手ぐらいだろう。数的には決して多くない。つまり、森保監督は今回、「あるひとつの結論」を下したといっても過言ではない。

 就任当初から当たり障りのない答弁に終始してきた森保監督。優しそうな表情で、刺激的とは言えない言葉を並べてきたが、いつの間にかメンバーは大きく一新されていた。大ナタは振るわれていたという感じだ。

 ロシアW杯に出場したメンバーで、今回も招集された選手は23人中8人のみ。東口順昭(ガンバ大阪)、酒井宏樹(マルセイユ)、吉田麻也(サウサンプトン)、槙野智章(浦和レッズ)、遠藤航(シント・トロイデン)、柴崎岳(ヘタフェ)、原口元気(ハノーファー)、大迫勇也(ブレーメン)だ。外れた15人の中で、本田圭佑(メルボルン・ビクトリー)、酒井高徳(ハンブルガーSV)、長谷部誠(フランクフルト)の3人は代表からの引退を口にいている。

 引退表明をしていないが、35歳という年齢を考えれば致し方ない気もするのが川島永嗣(ストラスブール)。32歳の岡崎慎司(レスター)も”勇退”で話は丸く収まるのかもしれない。また、日本サッカー界にとって貴重なチャンピオンズリーガーながら、現在、故障中の長友佑都(ガラタサライ)は、回復すれば代表にカムバックするだろうと思われる。

 したがって、外されてしまったと考えられるのは次の9人になる。

 中村航輔(柏レイソル)、昌子源(鹿島アントラーズ)、植田直通(サークル・ブルッヘ)、山口蛍(セレッソ大阪)、大島僚太(川崎フロンターレ)、香川真司(ドルトムント)、乾貴士(ベティス)、宇佐美貴史(フォルトゥナ・デュッセルドルフ)、武藤嘉紀(ニューカッスル)。

 この中で一番の大物はかつての10番、香川真司だ。ロシアW杯ではスタメンで及第点のプレーを見せていたが、所属のドルトムントではいま、ほぼ出番なしの状態。プレーする環境にはない。冬の移籍でチームを移るつもりなのか。森保監督就任以来、一度も招集されていないうえ、背番号10もすっかり中島翔哉(ポルティモネンセ)のものになっている。

 現在29歳。代表を引退するには若すぎる年齢だが、代表でプレーする姿が想像しにくくなっていることも確か。選手として苦境に立たされている。

1/3ページ

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Sportiva

集英社

スポルティーバ
10月31日(水)発売

定価 本体1,593円+税

フィギュア特集『羽生結弦 新世界を拓く』
■羽生結弦インタビュー
■トロント公開練習フォトギャラリー
■アイスショープレイバック

あなたにおすすめの記事