ここから本文です

各紙は「自己責任」をどう報じたか? “2004年の安田さん”と“2018年の安田さん”

11/9(金) 7:00配信

文春オンライン

 前回、 「14年前、誰が『自己責任論』を言い始めたのか? 『イラク3邦人人質』記事を読み直す」 を書いた。多くの方に読んでいただいたが、私としては「新聞は時として推理小説にもなる」という新聞の楽しみ方を実践した回でもあった。

【写真】安田氏の会見翌日の各紙紙面

 自己責任論はどう拡がっていったか、政治家では誰が言いだしたか? 当時の紙面を読みなおす作業はドキドキした。

政治家が放った「自己責任論」が、2018年に復活

 その結果、小池百合子氏が口火をきり、閣僚達や自民党幹部(安倍晋三幹事長)がバトンを受け、満を持して小泉純一郎首相が人質になった3人(被害者)を批判した流れだったことがわかった。

 こうなるともう人質3人は国家を敵に回した悪人のよう。

 世の人々も政治家のお墨付きがあるのだから、そりゃバッシングに遠慮もいらないだろう。政治家がバックにいる気分はよかっただろう。あのときの「成功体験」が今回の安田氏への自己責任論にも続いているのだと感じた。

 実は前回書き足らなかった部分があった。それは「2004年の安田純平」である。安田氏が前回拘束されたのも2004年のこの時期なのだ。  

14年前の「安田さん報道」はどんなものだったのか?

 批判の矛先は拘束された人の家族にも向けられていたのだが、当時の安田氏の記事はその検証例として絶好だった。

 まず、高遠菜穂子さん(ボランティア)、今井紀明さん(フリーライター)、郡山総一郎さん(カメラマン)の3名の人質の動向が注目されるなか、さらに次のニュースが飛び込んできた。

「日本人2人拘束強まる」(毎日新聞夕刊 2004年4月15日)

「また邦人か 混乱の夜」(読売新聞夕刊 同)

 拘束された1人は「安田純平さん」と書かれている。

「殴ってやりたい」の見出しから、何かが変わったか?

 そして3日後、無事解放された安田氏の家族が報道陣の取材に答えた。

 毎日新聞は「家族万歳そして涙」(2004年4月18日)

 読売新聞は「父『殴ってやりたい』」(同)

 報道陣に「何と声を掛けたいですか」と問われた安田氏の父は「バカ野郎、と殴ってやりたい」と答えた。それでも毎日新聞は「家族万歳そして涙」と書いたが、先の人質3名にも批判的だった読売は「父 『殴ってやりたい』」の部分を見出しにした。読売も紙面で安田氏を叱っていたのだろう。新聞によってどこを大きく報じるのかが面白い。

 そして今回、2018年である。

 安田純平氏の会見(11月2日)を新聞各紙はどう伝えたか。翌日の紙面を見てみよう。

 朝日。一面「安田さん『迷惑かけた 批判は当然』」。社会面「紛争地を見に行く存在、必要」

毎日。一面「紛争地の取材必要」。社会面「帰すか、殺してくれ」

東京。一面「紛争地取材は必要」。社会面「入国で『凡ミス』」「拘束『自業自得』」「虐待『彼らのゲーム』」

日経。社会面「紛争地取材は必要」

産経。一面「安田さん『批判当然』」。社会面「事実究明 私の責任」

読売。社会面「拘束『完全に私のミス』」

 どうだろうか。同じ会見を見て、安田氏のどの言葉を見出しにするのか。ここでも新聞の色が見える。

1/3ページ

最終更新:11/9(金) 7:00
文春オンライン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ