ここから本文です

「ボルト騒動」はなぜ長引き、なぜ幕を下ろしたのか? 世界最速の男をめぐる“大人の事情”

11/9(金) 10:10配信

フットボールチャンネル

 オーストラリア・Aリーグがかつてないほどに世界的な注目を浴びた。セントラル・コースト・マリナーズは、練習生として帯同していた陸上短距離界の元世界王者ウサイン・ボルトと正式な契約を結ばないことを発表した。この結論が出るまでに多くの時間を費やした理由とは。(文:植松久隆)

【写真特集】世界最高の選手は誰だ! プレイヤー能力値ランキング(10位~1位)

●“どこかで”マリナーズを応援してくれているはず

 11月1日、ダラダラ長びいていた「ボルト劇場」の幕がようやく下ろされた。

 Aリーグのセントラル・コースト・マリナーズ(以下CCM)が、無期限練習生として帯同していた元陸上の世界王者ウサイン・ボルトと正式な契約を結ばないことで本人側と合意したと発表。すでにボルトは、チームを離れていることも明かされた。

「ようやく終わった」

 率直な感想だ。それにしても、結論が出るまで時間が掛かり過ぎた。明らかにプロレベルに達していない選手と契約するかどうかの騒動が、大事なシーズン開幕後までもつれ込んだ弊害は大きい。CCMが、開幕3戦いまだ勝ち星なしとスタートで躓いた遠因に、この騒動の影響があるのは否定できない。

 10月27日、今季のAリーグ開幕2戦目、引き分けに終わったホーム開幕戦の試合後の会見で、実際の試合を戦った選手ではなく契約すらしていないボルトのことを聞かれて、マイケル・マーヴィー監督はいら立ちを隠さずに語った。

「彼(ボルト)は『頑張れ、マリナーズ』みたいなインスタグラムを上げていたし、どこかでマリナーズを応援してくれているはず。でも、すべてのファンが同意してくれるだろうが、今日は彼についてではない。今、ここで、素晴らしい働きをした選手たちについてだ。確かに、ウサインは過去8週間ほど我々のファミリーの一員だった。それは素晴らしいことだが、今日は(プレーをした)選手(について話すべき)だ」

 今、思えば思わせぶりなコメントだ。「どこかで応援している」なんていうのは「もう関係が無い」と言わんばかりだ。実際、その3日後には冒頭のリリースが発せられるわけで、もうこの時点で話は付いていたのだろうか。少なくとも、マーヴィー監督の肚は決まっていたはずだ。

●出来る限り引っ張る。用意周到なシナリオ?

 もちろん、これだけ長引いたのは、純粋な実力だけでは判断できない“価値”がボルトにはあったからだ。言わずもがなの“商業的価値”である。Aリーグは、ボルト到着以来、約8週間、今までにないくらいの世界的な注目を集めた。

 日本でのその主たる関心は「本田圭佑」ではあったが、世界の興味は確実に「ウサイン・ボルト」に向けられていた。

 確かに -“世界最速の男”が「プロサッカー選手になりたい」という子供のころからの夢を叶えるべくチャレンジする- その絵は、普通のメディア的にはおいしいネタなのだろう。

 メディアに留まらず、プロモーションなどPR全般の観点からでも、今回のことがCCMというAリーグでも最小規模の経営のクラブ、そして、Aリーグ自体にもたらした広告効果はとてつもなく大きい。

 実際、ボルト到着直後のCCMの練習会場は彼目当ての人が押し寄せ、ただの練習試合が全国にテレビ中継された。2試合目の練習試合でボルトが2得点をするや、世界中のスポーツメディアでそのニュースが取り上げられて、自ら売り込まずとも世界的な露出を得られたのだから、クラブもAリーグもそれはハッピーに違いない。

 もし、CCMが話題作りだけを意図して彼を「獲得」したのであれば、既にその広告戦略でそれなりの実入りは得ていて、充分にその目的を果たした。実際的な金銭的ベネフィット以外にも、「あのボルトがトライアルしていたクラブね」ということで、CCMの名は世界中の多くの人々の記憶に刻まれた。

 そう考えると、契約をするかどうかを出来るだけ引っ張って、注目を集められるだけ集めてから、最後は円満に分かれるという用意周到なシナリオの下での出来レースなのではと疑いたくもなる。

●経験のない選手には破格の1200万円

 それはさておき、10月12日の練習試合での2得点の活躍後、CCMのクラブ内では、「たとえ戦力にならなくても、選手として帯同させれば…」「シーズンが進んで優勝の可能性がなくなってから試合に出したら…」などなど、彼を獲得したとしての金銭的、商業的メリットを測る皮算用、もといしミューレションが行われたことは想像に難くない。そうやって導き出されたCCMの現実的な回答が、Aリーグレベルでは決して悪くない推定15万ドル(約1200万円)という正式契約のオファーだった。

 この報道を聞いて、「え、安い」とリアクションをする人が結構多かったのは少し驚いた。確かに、オーストラリアの事情を知らず、高騰するプロスポーツの世界的金銭感覚からすると安いと思うのかもしれない。

 ただ、約300万ドル(約2億4000万円)のサラリーキャップ制があり、トップ登録でもマーキー・プレイヤーでなければ決して高い水準に無いAリーグの年棒レベルからすれば悪くない金額だ。Aリーグと同等のレベルでの経験が全くない選手にしてみれば「破格」のオファーなのだ。

 ボルトが、そのオファーを蹴り、実際の要求額がマーキー・プレイヤーの本田クラスと同等以上の約300万ドル(約2億4,000万円)だったことが報道されると、ただでなくとも引いたスタンスだったコアなファンはその要求額を鼻で嗤うしかなかった。

 おそらく、CCMの選手も同じ気持ちだったろう。それでも、即破談とはならず、CCMは豪州サッカー連盟(FFA)とも連携して、その開きを埋められるスポンサーを探したが、それも不調に終わった。結果、両社は袂を分かつことになった。

●なぜスポンサーは現れなかった?

 本田圭佑は、10月18日の開幕前の会見で、その時点では可能性のあった「本田対ボルト」対決に関して日本メディアから聞かれて、「どこか興味のあるクラブがあれば(獲得に)手を挙げてくれればいい」とリップサービス気味に答えていたが、ボルトがCMMと破談になったタイミングでは、既にシーズンが動き出していたこともあって、ボルト獲得に興味を示すクラブは皆無。

 これすなわち、ボルトの純粋なスキルベースでのプロ選手としての「価値」は、年棒1,200万円でもまだ高いということの証左。スポンサー絡みでの美味しい思いができないならば、戦力たりえない選手を囲っておくほどの余裕は、Aリーグの10クラブの小さなコンペティションにはない。

 さらに言えば、CCMの契約交渉の段階で「では、私たちが…」と二者のギャップを埋めるべく名乗りを上げるスポンサーが現れなかったのにも、どうやら大人の事情がありそうだ。

 というのも、ボルト個人の豪州でのスポンサーは豪州第2の通信会社Optus。同社は、昨年度、長らく主だったサッカー中継をほぼ独占してきたFoxtelからプレミア・リーグ独占中継権を奪い、自らのネットワークOptus Sportsでの配信サービスを始めた。

 さらには、今季のAリーグからOptusの不倶戴天の敵ともいうべき旧国営通信会社Telstraが、Aリーグのストリーミング配信を行うようになった。ようは、Aリーグ/FFAが関係深い大型スポンサー2社とOptusは直接的に競合しているという図式がある。

 ライバルのOptusの広告塔であるボルトがAリーグの話題をかっさらうのを好ましく思わない勢力が、影響力を行使したとするのは、ボルト側の要求額とのギャップを埋めるスポンサーが最後まで現れなかったことと併せて考えると、妙に合点が行く話だ。勿論、これは推測の域は出ないのだが、あながちあり得ない話でもないということで付記しておきたい。

●ボルト効果での人気は将来につながらず

「ボルト破談」の報道が出た後も、「いや、商業的な興行としてみれば、ボルトがいた方がいいのでは」とか、「ボールをうまく蹴れなくても、ピッチを駆け抜けるボルトが観られるなら、スタジアムに行くよ」といったような様々な意見が耳に入った。

 しかし、そこにはきっちり反論しておこう。

 サッカーはプロスポーツ。広義の興行ではあっても見世物ではない。特に、他のプロスポーツに押されがちなこの国では、ファン受けする話題性重視のプロモーションも大事だが、やはり地に足を付けたレベルで確実に進めるのが肝要。今回の「ボルト劇場」のような一時的なマーケティングでは掘り起こせないところにAリーグの取り組むべき課題があるからだ。

 既に競技人口では他のあらゆるスポーツを凌駕している「やる」スポーツのサッカーが「見る」スポーツとして独り立ちできないという現実が、この国でのサッカーのメジャー・スポーツ化を阻んでいる。

 有り体に言えば、お金を払ってでも「見たい、観に行きたい」と思うサッカーを披露できるのは「ケイスケ・ホンダ」ではあっても、「ウサイン・ボルト」ではない。そして、そういう本物のプロでないと、継続的に足を運ぶファンは生み出せない。

 サッカーを純粋に愛するボルトが、いつの日かチャイルドフッド・ドリームを世界のどこかで成就させるように祈っている。申し訳ないが、実力が足りていなかった以上は、そのどこかが、Aリーグ、オーストラリアではなかったということだ。

 ボルトは去った。ここから、本田圭佑という「ほんまもん」を通じて、どんどん豪州サッカー・Aリーグに親しんでもらいたい。

(文:植松久隆)

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

あなたにおすすめの記事