ここから本文です

ホンダCRF450L RALLY CONCEPT(ラリーコンセプト)は20Lタンクに増量

11/9(金) 23:47配信

WEBヤングマシン

ミラノショーで正式発表

2018年11月6日、イタリアで開催のミラノショーでホンダが2019年モデルを多数新発表した。ここでは、CRF450L RALLY CONCEPT(CRF450L ラリーコンセプト)を紹介しよう。

──────────

レーサーの血統で登場したダカールレプリカ

モトクロッサーのCRF450Rをベースに公道走行を可能にしたCRF450Lは、国内ではこの9月20日に発売されたばかりだが、早速これをベースにラリー仕様としたコンセプトモデルがミラノショーに出品された。モチーフはもちろん2013年から挑戦を続けているダカールラリー参戦レーサーのCRF450 RALLY(CRF450ラリー)。こちらはCRF450のエンジンをDOHCヘッド化するなどしたワークス仕様だが、今回のCRF450ラリーコンセプトの血筋はこれの直系であり、CRF250ラリーとは異なる血統証付きのレプリカと言えるだろう。

【HONDA CRF450 RALLY CONCEPT 2018年ミラノショー出品コンセプトモデル】日本でもこの9月に発売されたばかりのCRF450Lをベースにビッグタンクなどのラリー装備を装備したコンセプトモデル。スペックや装備の詳細などについての公式アナウンスはない状態だ。

外装類は前半部分がCRF450ラリーをかなり忠実に再現している。シートはCRF450L国内仕様よりも盛られているが、リヤフェンダーやサイドカバーはベース車と同じように見える。燃料タンクはラリー車と同じように、エンジンサイドのスペースを活用して増量しているようだ。

【HONDA CRF450 RALLY 2018年】ラリーコンセプトのモチーフとなったワークスマシンで、2013年の初参戦から進化を続けている。■水冷4スト単気筒DOHC4バルブ449.4 cc 内径97mm×行程60.8mm 最高出力61.2ps以上 6段リターン

【HONDA CRF450L 2019年型国内仕様 価格:129万6000円 発売日:9月20日 色:赤】CRF450Rをベースに保安部品の装着やギヤの6速化などで公道仕様にした異色のマシン。■水冷4スト単気筒SOHC4バルブ449cc 内径96mm×行程62.1mm 最高出力24ps 6段リターン

1/2ページ

最終更新:11/9(金) 23:47
WEBヤングマシン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ヤングマシン

内外出版社

2018年12月号
10月24日発売

定価880円(税込)

ニューモデル特集KATANA他
スクープCB650R/CBR650R他
新車テストNIKEN
別冊付録KATANA1980-2019

あなたにおすすめの記事