ここから本文です

全身のバランスを整える、こわばった「背中」をほぐすストレッチ

11/9(金) 21:01配信

ウィメンズヘルス

通勤や通学のバッグには、パソコンや本を入れている人も少なくないはず。リュックタイプではない人は、その重いかばんを片方の肩で毎日支えている。日々の影響は小さくても、毎日積み重なると、無意識のうちに肩の高さが違ってきてしまう。左右のバランスが崩れることは、身体の疲れに直結してしまうことも。
【ウィメンズヘルス日本版】

【動画】たった2分で完了!意外と疲れやすい「背中」のストレッチ

「それだけではなく、背中が反っていたり、丸まっている人は背中が常に緊張したり硬くなったりしやすい状態である可能性があります。背中をほぐすことで身体のバランスがとれたり、快適な状態を維持することの一つになります」と語るのは、FLUX CONDITIONINGSのコンディショニングトレーナーの迫田 涼さん。

「今回のストレッチは、体側を伸ばすことがメインです。その際、身体の脇を手で押さえることがポイントになります。また、できるだけ『遠くに、遠くに伸ばす』と意識することで、より伸びを感じられると思います。

このとき、つい真剣になって呼吸が止まりがちですが、自然な呼吸で行うことも大切です。呼吸することで、筋肉が緩みやすくなります」

【背中のケアのやり方】

右手で左の脇腹を抑えます。
左腕を、耳の横に上げていきましょう。
息を吸って、吐きながら、指先遠くに伸ばすように体を右に倒します。
左の脇腹から背中・腰回りにかけて伸びていきます。
脇腹を広げるようにして、その場で自然な呼吸を繰り返しましょう。

ゆっくりと元に戻します。

次に、反対側も行っていきましょう。
左手で右の脇腹を抑えます。
右腕を、耳の横に上げて、息を吸って、吐きながら、指先を遠くに伸ばすように体を左に倒します。
右の脇腹から背中・腰回りにかけて伸びていきます。

ゆっくり元に戻しましょう。

もう一度左右同じ動きを繰り返していきます。
呼吸と合わせて行っていくことで、より効果的です。

いすに座ったままでもできる、簡単なストレッチ。コツさせ押さえれば、いつでも体側から背中にかけてスッキリ! バランスのとれた美しい後ろ姿のためにも、ぜひ覚えてみて。

監修:迫田 涼(さこだ・りょう)さん
FLUX CONDITIONINGSコンディショニングトレーナー、スポーツデジタルコンテンツ事業部 クリエイティブディレクター。広島リゾートアンドスポーツ専門学校卒業後、都内のジム勤務を経て現職へ。FLUX CONDITIONINGSのSNSなどでの情報発信を統括している。1日1本、エクササイズを配信している動画はプロならではの内容が満載で、必見。NASM-PES JATI-ATI 健康運動実践指導者。

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ウィメンズヘルス

ハースト婦人画報社

世界54カ国以上で愛される、
フィットネス&ライフスタイルメディア。
ワークアウト、フード、ウェルネスなどの
情報を毎日更新でお届けします。

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ