ここから本文です

ロイヤルツアー中にみせた、ハリー王子&メーガン妃のスイートな瞬間7

11/9(金) 22:20配信

ハーパーズ バザー・オンライン

ハリー王子&メーガン妃にとって初となる16日間にわたったロイヤルツアーが無事に終了した。オーストラリア、フィジー、トンガ、ニュージーランドの4カ国を訪問した2人。開始に合わせてメーガン妃のご懐妊を発表したこともあり、今回のツアーではそんな新たなロイヤルベビーの話はもちろん、メーガン妃の美しいワードローブ、フェミニストとしてのスピーチ、たくさんの愛らしい瞬間が満載。もしかしたら見逃していたかもしれない、その瞬間をプレイバック。

【写真】ウィリアム王子&キャサリン妃のロイヤルツアー・ベスト・モーメント18

妊娠のお祝い

2人はロイヤルツアーの直前に第一子懐妊を発表したため、最初の訪問国であるオーストリアでは赤ちゃんへのファーストギフトが贈られた。シドニーにある総督邸を訪れたハリー王子とメーガン妃は、総督夫妻からアグ(UGG)のベビーブーツと、カンガルーのぬいぐるみのプレゼントを受け取り、満面の笑顔。

奇跡のスピーチ

強く雨が降る中スピーチをしているハリー王子のために、メーガン妃は彼の側で傘をさしてフォロー。この地域は長い間深刻な干ばつの被害に悩まされていたため、2人は今回のツアーで同地を訪問することになったのだが、夫妻が訪れたその日、奇跡のように雨が降ったのだった。

現地の子どもとぎゅっとハグ

ハリー王子とメーガン妃がダボの空港に到着すると、ルークくんという男の子がハリー王子のもとへ。ハリー王子とハグを交わし、彼のヒゲを触って歓迎した。ハリー王子を歓迎した後は、すぐにメーガン妃とハグ。

ボンダイビーチで見つめ合う

メンタルヘルスとウェルビーイングの啓発活動を行っている団体「ワンウェーブ(OneWave)」と対面している際、互いに見つめあうロマンチックな瞬間。

秘密のおしゃべり

シドニーにあるマッカーサー・ガールズ・ハイスクールを訪問。生徒たちのパフォーマンスを鑑賞しながら何やらお話中。

王子が妃をいとおしそうに見つめる瞬間

フィジーのスバで開かれた歓迎式典にて、メーガン妃のことをいとおしそうに見つめるハリー王子。

最後のハグ

今回のツアー最終地、ニュージーランドのロトルアでは、メーガン妃の元に来た2歳の愛らしい女の子に、ぎゅっとハグをプレゼント。

Translation: Ai Ono From COSMOPOLITAN UK

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ハーパーズ バザー

ハースト婦人画報社

2019年1・2月合併号
2018年11月20日発売

特別定価:750円(税込)

1867年にNYで誕生した世界初の女性
ファッション誌『ハーパーズ バザー』。
厳選された情報を美しいビジュアルと
ともに発信しています。

あなたにおすすめの記事