ここから本文です

【日米野球】“ギータ節”炸裂! 侍ジャパン柳田、豪快サヨナラ弾「野球やっててよかった」

11/9(金) 22:44配信

ベースボールチャンネル

 「2018日米野球」第1戦は9日、東京ドームで行われた。野球日本代表「侍ジャパン」はMLBオールスターチームに7-6でサヨナラ勝ち。9回裏2死一塁で柳田悠岐外野手にバックスクリーン直撃のサヨナラ2点本塁打が飛び出し、白星発進を果たした。

【写真】いよいよ日米野球!MLBチームを大解剖<捕手編>

 試合は5回まで4-4の同点。6回にMLBオールスターが今季新人王候補のフアン・ソト外野手の2ラン本塁打で勝ち越し。7回以降は両者無得点だった。

 侍ジャパンは2点を追う9回裏、2死二塁から代打・曾澤翼捕手の適時打で1点差に迫ると、続く柳田がカービー・イェーツ投手の2球目を捉え、バックスクリーンへ運んだ。ここまで無安打だったが、最終回に勝負強さを発揮し、豪快なサヨナラ本塁打となった。

 ヒーローインタビューでは開口一番、「最高です」と笑顔を見せた。劇的な幕切れを「ミラクル」と語り、興奮冷めやらぬ様子。「きた球、当たる球をしっかり当てる。その中で自分のスイングしようと思いました。シンプル・イズ・ベスト」と打席を振り返った。

 さらに球場、全国のファンに向けて「たくさんのファンの方に来ていただいて、選手も本当は休みなんですけど、たくさんのファンに応援されて本当に野球やってよかったなと思います」と“ギータ節”を炸裂させた。

ベースボールチャンネル編集部

あなたにおすすめの記事