ここから本文です

16歳紀平梨花、SPは冒頭の3A転倒も69.59点 日本人史上初GPデビューVへ好発進

11/9(金) 16:43配信

THE ANSWER

冒頭トリプルアクセル失敗も見事なリカバリー

 フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第4戦、NHK杯は9日、女子ショートプログラム(SP)を行い、GPシリーズ初出場の紀平梨花(関大KFSC)は69.59点を記録した。現在4人が滑って暫定1位。

【画像】「さっとんの腹筋すげー」「二度見してしまった!」と宮原にファン釘付け!? 織田が公開した“YMCA4ショット”の実際の写真

 白の衣装に身を包み登場した紀平。冒頭のトリプルアクセルで転倒したが、3回転フリップ―3回転トウループのコンビネーションは成功。後半のトリプルルッツも着氷した。見事にリカバリーに成功した。

 紀平は今季がシニア1年目。国際大会初戦となる9月のオンドレイネペラ杯でSP、フリーで3度トリプルアクセルに挑戦し2度成功。218.16点というハイスコアを叩き出して優勝していた。GPシリーズ初出場で優勝なら史上初の快挙となる。

THE ANSWER編集部

最終更新:11/9(金) 16:44
THE ANSWER

記事提供社からのご案内(外部サイト)

THE ANSWER

株式会社Creative2

アスリートを目指す子供たちや競技者の育成とスポーツの普及をテーマとした総合スポーツニュースサイトです。

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ