ここから本文です

「凄い」「真似したい」 U-21日本代表DF橋岡大樹が驚嘆、“お手本”のA代表選手は?

11/9(金) 7:10配信

Football ZONE web

UAE遠征のU-21日本代表に選出、浦和ユースから昇格の今季に早くもレギュラー定着

 日本代表の森保一監督は、7日に11月のインターナショナル・マッチウィークで活動するメンバーを発表。UAE遠征を行うU-21代表チームも同時に発表された。横浜F・マリノスのFW久保建英ら、先日のU-19アジア選手権に参加した選手たちも数名が“飛び級”で招集されるなか、最終ラインの選手としてその切符をつかんだのが浦和レッズのDF橋岡大樹だ。インドネシアで獅子奮迅のプレーを見せた男は、同じ浦和からA代表に選出されたDF槙野智章をお手本にしている部分があるという。

【動画】「クオリティー高い」「一緒やん」とファン爆笑 浦和の新人二人が披露、DF槙野の“似すぎ”なモノマネ

 橋岡はU-19アジア選手権ではセンターバックとして最終ラインの要だった。浦和ユースからの昇格初年度にして、すでにチームでは右ウイングバックのレギュラーポジションをつかんでいる。そうしたJ1でのプレー経験は、若い世代の代表チームの中でも輝いた。対人の強さを中心に、躍動感のあるプレーで来年のU-20ポーランド・ワールドカップ(W杯)への出場権獲得に大きく貢献した。

 そのプレーも評価の一因になったのだろう。世代としては一つ上となる、東京五輪を目指すチームから声が掛かった。そのことを橋岡は「U-21という上の世代の代表に選ばれることは嬉しいですけど、そこで自分の良いプレーや長所を出して良い結果を持ってこないといけないと思っているので、ただ単に呼ばれて嬉しいではなくて、浦和の代表、日本の代表としてしっかり戦いたいと思います」と、浮かれることなく受け止めている。

 浦和の一員として今季を戦ってきて、10月の半ばからインドネシアへ遠征。11月3日に帰国すると同日のガンバ大阪戦は欠場したが、10日はコンサドーレ札幌戦が待つ。そして、それを終えるとUAE遠征に旅立ち、帰国すると天皇杯の準決勝以降を含めた浦和でのシーズン最終盤が待つだけに、相当ハードな2カ月間ほどを過ごすことになる。しかし、橋岡はそれを「本当にポジティブに捉えています」と話す。

1/2ページ

最終更新:11/9(金) 7:10
Football ZONE web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Football ZONE web

fangate株式会社

日本代表や欧州各国リーグなど、国内外のサッカー情報を毎日更新

あなたにおすすめの記事