ここから本文です

韓国的にもありえない…BTSの“原爆バンザイ”(KAZUYA)

11/9(金) 5:55配信

デイリー新潮

 今、一部では第3次韓流ブームと言われているようです。K-POPでは日本、韓国、台湾出身の9人からなるTWICEが日本でも人気です。TWICEの上手いところは、ギクシャクしがちな日韓関係の中で日本人メンバーもいることから、比較的平和的な活動を展開できる点でしょう。昨年はNHK紅白歌合戦にも出場していました。

 一方で防弾少年団(BTS)も人気を集めています。米国タイム誌の表紙を飾ったり、国連で演説をしたり活動は多岐にわたる彼らですが、日本で軽く炎上してしまいました。

 メンバーのジミンが「原爆バンザイTシャツ」を着ていたのが炎上の原因です。

 Tシャツの背面に「patriotism our history liberation korea」との文字と共に原爆のキノコ雲の写真と、バンザイする韓国民衆の写真がプリントされています。原爆の写真と愛国心……韓国解放の歴史とはなんとも……。

「またかよ」と言いたくなりますが、韓国は政治家もアイドルも他国からの評価を自ら貶めるような方向に持っていきます。韓流ブームにしても、こうした炎上の積み重ねで反感を強めていくことでしょう。日本に嫌韓が増えるのも、彼らの行動の積み重ねによるところが大きいのです。一部のファンは原爆バンザイTシャツについて「意味を知らなかったのではないか?」と擁護しますが、それは通りません。

 何しろ彼らは国連で英語のスピーチをするくらいですから、本人は知らなくてもメンバーやスタッフは気づくでしょう。と言うより原爆の写真を見たら意味は理解出来るはずです。本当に知らなかったのなら釈明をしたらいい話で、何も説明がないということは、わかっていてやったと思われても仕方ないでしょう。

 今回のTシャツは、日本的にはもちろんのこと、韓国的にもありえない代物でしょう。彼らは過去のツイートで「歴史を忘れた民族に未来はない」との発言がありました。しかし彼らこそ歴史を忘却しているのが滑稽です。原爆では当時日本人だった朝鮮の人も多く亡くなり、原爆による後遺症に苦しんだのです。反日が行き過ぎて同胞の被害を忘れています。

 BTSは今年のNHK紅白歌合戦への出演も噂されることから、この件はハッキリさせておく必要があります。ファンは「そんなの関係ないだろ」と言うかもしれませんが、問題ありまくりです。何故かといえば、NHKは私たちが支払う受信料で運営している公共放送だからです。

 正直自分が払っている受信料を、原爆被害者を冒涜するような人物に使って欲しくありません。これは当然の話でしょう。

 ファンは盲目的になりがちですが、今回の件は批判も多く冷めた人も多いようです。彼らの歌や顔が好きと言うならそれはそれでいい。でも原爆バンザイTシャツは流石にアウトですからね……。なんら釈明もないまま紅白出場となれば、また問題になるでしょうし、BTSだけでなくNHKへの批判も増えるでしょう。

 BTSの本音のところはわかりません。しかしアイドルってその名の通り「偶像」ですから、応援するにしても盲目的になってはいけませんね。

KAZUYA
1988年生まれ、北海道出身。12年、YouTubeで「KAZUYA Channel」を開設し、政治や安全保障に関する話題をほぼ毎日投稿。チャンネル登録者40万人、総視聴数は1億4千万回を超える。近著に『日本人が知っておくべき「日本国憲法」の話』(KKベストセラーズ)

「週刊新潮」2018年11月8日号 掲載

新潮社

最終更新:11/9(金) 11:13
デイリー新潮

記事提供社からのご案内(外部サイト)

デイリー新潮

新潮社

「週刊新潮」毎週木曜日発売

「デイリー新潮」は総合週刊誌「週刊新潮」が発信する最新の話題に加え、専任取材班よる綿密な取材に裏打ちされた記事を配信するニュースサイトです。

あなたにおすすめの記事