ここから本文です

社長が愛用する洋服ブランドランキング、ダントツ1位は「ユニクロ」だった!

11/10(土) 11:52配信

@DIME

一企業の代表者として、身だしなみに気を配っている社長は多いことだろう。では実際のところ、世の社長たちはどのようなファッションブランドを好んでいるのだろうか?

今回、「社長チップス」 を提供している株式会社ESSPRIDEが全国の社長100人を対象にファッションに関するアンケート調査を行ったので、紹介していきたい。

社長は「ユニクロ」好きが多い!
Q:あなたが好きな洋服のブランドやよく購入するショップをお答えください。(複数回答 n=100)


社長が好きなブランドやよく購入するショップ1位は「ユニクロ」43.0%。2位「バーバリー」24.0%に20ポイント近くの差をつけるダントツの結果となった。ご自身が仕事の日に着ることの多いスタイル別で見ると、どのスタイルを好む社長も1位は「ユニクロ」で、特にカジュアル派と、作業着・ユニフォーム派の社長の半数以上がユニクロ愛用者であることが判明。

また全体2位の「バーバリー」、3位の「ラルフローレン」はどのスタイルでもTOP5に入った。ロゴマークのワンポイントのついたポロシャツなど、持っている社長が多いのではないだろうか。スタイル別で違いがあったところに注目すると、スーツ派は5位にきれいめコーディネートが揃うセレクトショップ「シップス」、カジュアル派は2位にドレッシーからアウトドアまで幅広いテイストを扱う「ビームス」がランクインしたのが特徴的だ。

所有している時計ブランド、「ロレックス」「カシオ」が同率1位に
Q:あなたが所有している時計ブランドと、憧れの(好きな)時計ブランドをお答えください。(複数回答 n=100)


ファッションの中でも、男性にとって「時計」は自己を表現する外せないアイテムといえるのではないだろうか。時計を見れば、その人のセンスや個性から経済力までなんとなくわかってしまうものだ。

社長が【所有している時計ブランド】は、1位「ロレックス」・「カシオ」28.0%次いで「オメガ」・「セイコー」26.0%と、上位に海外と日本の有名ブランドが同率で並ぶ結果となった。

【憧れの(好きな)時計ブランド】は、1位「ロレックス」(25.0%)、2位「オメガ」(18.0%)とTOP2は【所有している時計ブランド】と同様の順位となった。3位以下は「パテック・フィリップ」(11.0%)、「オーデマ・ピゲ」・「フランク・ミュラー」(9.0%)と【所有している時計ブランド】のTOP10 には入らない、一流高級ブランドがランクインした。

社長は腕時計にいくらまでかけていいと思うのか?
Q:あなたが腕時計にかけたい(かけてもいいと思う)金額をお答えください。(単数回答 n=100)


社長が腕時計にかけたい(かけてもいい)と思う平均額は「574,700円」となった。仕事の日に着ることの多いスタイル別で見ると、ジャケット・パンツ派の社長の平均額が最も高く「731,923円」という結果に。スーツを着ないながらもフォーマルさはキープしたいジャケット・パンツ派の社長は、時計にこだわり、お金をかけるのだろうか。平均額が最も低いのはカジュアル派の社長で「356,667円」となった。



社長が購入した最も高価なファッションアイテムとは?
Q:あなたがこれまでに購入した、自分自身で身に着けるもの(洋服・時計・靴・アクセサリー等)で最も高価なものとその金額をお答えください。(自由回答 n=100)
●パテック・フィリップ。大丸心斎橋店で購入。650万円(59歳/作業着・ユニフォーム派)
●ロレックス デイトナ。150万円(46歳/カジュアル派)
●ロエベのレザーコートを銀座店で購入。65万円(52歳/ジャケット・パンツ派)
●18金ネックレス。50万円(55歳/カジュアル派)
●エルメネジルド・ゼニアのスーツ。30万円(52歳/スーツ派)
●ヨウジヤマモトのスーツ。20万円(42歳/作業着・ユニフォーム派)
●ルイヴィトンの財布。5万円(37歳/ スーツ派)
●アシックスのランニングシューズ。1万7千円(35歳/ カジュアル派)

これまでに購入した最も高額なファッションアイテムについて調査が行われた。回答の中での最も高価なものは、社長の憧れの時計ブランドで3位にランクインした、パテック・フィリップの時計でその金額は650万円という結果に。そのほか、ブランドものの時計やスーツなどが回答されたが、1万7千円のランニングシューズが最も高額な買い物という方もいた。

社長たるもの、ファッションは自己流?
Q:あなたがファッションのお手本にしている人をお答えください。(複数回答 n=100)


ファッションのお手本にしている人がいるか聞いた調査では「お手本にしている人はいない」が7割以上で、社長はファッションにおいて誰かをお手本にすることがなく、オリジナルを貫いている方が多いことが明らかに。

お手本にする相手として1割以上の方が回答したのは「友人・知人」(11.0%)、「芸能人」(10.0%)だった。芸能人を具体的に聞くと、「高田純次」、「横山剣(クレイジーケンバンド)」など、私服もお洒落な有名人としてメディアに取り上げられることもある方の名前が挙げられた。

社長がよく読むファッション誌、1番人気は「LEON」
Q:あなたがよく読むファッション誌をお答えください。(複数回答 n=100)


よく読むファッション誌についての調査では、8割が「ファッション雑誌は読まない」と回答。ファッション雑誌をチェックする社長の中では「LEON」を愛読する方が多いようだ。

「セレブ系」や「ギャル系」のファッションは社長に不人気?
Q:女性のファッションについてあなたの好みをお答えください。(複数回答 n=100)


最後に「女性のファッション」について好みを聞くアンケートも実施された。社長が好きな女性のファッション1位は「フェミニン系」(43.0%)という結果に。大人っぽく女性らしいブラウスやスカートなどを好む社長が多いようだ。2位はTシャツやニットにジーンズなどの「カジュアル系」(32.0%)、3位はタイトシルエットのジャケット・スーツなどの「コンサバ系」(30.0%)となった。

また、派手なイメージの「セレブ系」や「ギャル系」のファッションは社長には不人気であることも明らかに。

時計はロレックス・オメガといった高級ブランドを好む一方、ファッションについてはユニクロが圧倒的な人気を博すという意外な結果も見受けられた今回のアンケート。全体的にはシンプルに、ワンポイントとして高級品を…というコーデを意識している社長が多いのかも知れない。

【調査方法】
調査の方法:インターネット調査(株式会社Shake hands by ESSPRIDE調べ)
調査対象者:全国の20~59歳で従業員数2名以上300名未満の男性経営者 100名
調査実施日:2018年9月12日(水)~9月14日(金)

出典元:株式会社ESSPRIDE

構成/こじへい

@DIME

最終更新:11/10(土) 11:52
@DIME

記事提供社からのご案内(外部サイト)

@DIME

小学館

2019年1月号
11月16日発売

定価890円

2018ベストヒットランキング100
男を格上げする最旬アウターカタログ
特別付録ゴルゴ13オリジナル万年筆
綴じ込み付録 ピカ・ブイ 攻略ガイド

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ