ここから本文です

2018日本シリーズ総括。走塁で“ミス”を重ねた広島の敗退は必然【伊原春樹の「野球の真髄」】

11/11(日) 10:00配信 有料

週刊ベースボールONLINE

2018日本シリーズ総括。走塁で“ミス”を重ねた広島の敗退は必然【伊原春樹の「野球の真髄」】

第6戦の2回裏二死一、三塁で一走の安部が盗塁失敗。三走が走らず、重盗ではなかったのが解せなかった

 シリーズ前、攻守走すべてにおいて戦力的に広島とソフトバンクは互角と見ていた私は死力を尽くして第7戦まで戦いが繰り広げられるのではないかと予想していた。その中で勝敗を分けるのはミスの数。野球にミスは付き物だが、それを極力抑えたほうが勝つ。しかし、走塁で広島にミスが多く出過ぎて、4勝1敗1分けと数字上ではソフトバンクの圧勝に終わってしまった。

 甲斐拓也、高谷裕亮のソフトバンク捕手陣に8連続盗塁死と武器である足を“完封”された広島。これが大きな敗因だったのは間違いない。特に甲斐にはシリーズ新記録の6連続盗塁阻止とやられ放題だった。

 第6戦(マツダ広島)の2回裏二死一、三塁の場面での盗塁は解せなかった。広島が負ければ日本一を逃す一戦、是が非でも先制点を欲しいところだったが・・・ 本文:1,427文字 写真:1枚

続きをお読みいただくには、記事の購入が必要です。

すでに購入済みの方はログインしてください。

  • 税込108
    使えます

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上ご購入ください。 購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください。 購入した記事は購読一覧で確認できます。

週刊ベースボール