ここから本文です

Netflixアニメ「魔法が解けて」は、ブラックな笑いと騒動に満ちた痛快な作品だ

11/12(月) 18:11配信

WIRED.jp

「ザ・シンプソンズ」で知られるマット・グレイニングが手がけるアニメシリーズ「魔法が解けて」の公開が、Netflixで始まった。ブラックな要素が満載の中世風王国「ドリームランド」が舞台のこのアニメは、10歳以下の子どもには向かないが、笑いと騒動に満ちた痛快な作品に仕上がっている。『Ars Technica』によるレヴュー。

安易な時事ネタやパロディに頼らない面白さ

「ザ・シンプソンズ」と「ゲーム・オブ・スローンズ」の融合──。そんなキャッチコピーは、まるでNetflixお得意のボットでつくったかのようである(実際にNetflixが過去に採用した戦略でもある)。

この手のキャッチコピーがぱっと見で魅力的であるほど、ふたつの作品が不格好につなぎ合わさってしまった際に大コケしてしまう。しかし、1999年の「フューチャラマ」以降で初めてマット・グレイニングが手がけるアニメシリーズ「魔法が解けて(原題:Disenchantment)」の制作チームは、最近のテレビの流行などすがすがしいほど気にしていないようだ。そしてこれが、かえって功を奏している。

グレイニングが手がけるアニメが、大手テレビネットワークを介さずに放送されるのは本作が初めてだ。8月からNetflixで配信が始まったが、これまで視聴した内容から判断すると、本作の魅力はユニークで愛着のわくキャラクターたちの友情と、そのあまりに破天荒な衝動を描いている点にある。

偽装表示のような「夢の国」が舞台

本シリーズの主人公であるビーン(アビ・ジェイコブソン)は、ギャンブル好きで飲んだくれのろくでもないお姫様で、中世風の王国「ドリームランド」の王女である(ドリームランドでは貧困が蔓延し、疫病感染者の死体が転がっているのだから、この国名は偽装表示のようなものである)。

父であるゾグ王(「フューチャラマ」でおなじみのジョン・ディマジオ)に近隣の王国の王子と望まない結婚を強要されるが、ひょんなことから彼女はふたりの奇妙な生き物に出会う。小さな悪魔ルーシー(エリック・アンドレ)と、楽天家のエルフであるエルフォ(ナット・ファクソン)だ。ビーンはふたりの手を借り、結婚という名の束縛から逃れようとする。

この導入部を見ると、ビーンたちが父である王の差し向けた追手から逃げ続け、エピソードごとに舞台を変えながら、世界を股にかけた冒険を繰り広げるのかと思わされる。ところが、物語はすぐにギアを入れ替え、ドリームランドに舞台を戻してしまう。

しかし、実はこの試みがうまく機能している。奴隷だらけのゾグ王の城や貧困にむしばまれた城下の村など、ドリームランドには笑いを生む環境がふんだんにあるからだ。それでも、コミカルな場面が必要なときには、必ず未知の世界や小舟や馬が現れる。最初の7話だけをとってみても、売春宿、沼地の王国、サイケな水タバコ店が登場するのだ。

1/3ページ

最終更新:11/12(月) 18:11
WIRED.jp

記事提供社からのご案内(外部サイト)

『WIRED Vol.31』

コンデナスト・ジャパン

2018年11月13日発売

1,200円(税込み)

『WIRED』日本版VOL.31|リブート号はUS版創刊25周年を記念した特大号!特集「ニューエコノミー」ぼくらは地球をこうアップデートする

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ