ここから本文です

漫画『進撃の巨人』作者がTBS「情熱大陸」出演 ヒット作の最期とは?

2018/11/12(月) 19:55配信

KAI-YOU.net

TBSのドキュメンタリー番組「情熱大陸」に、『進撃の巨人』で知られる漫画家・諫山創さんが出演することが明らかになった。11月18日(日)の23時に放送予定だ。

【『進撃の巨人』の作者である諫山創さん】

『進撃の巨人』完結を匂わせるナレーションが…

『進撃の巨人』は、巨人がすべてを支配する世界において、まだ見ぬ外の世界に憧れる少年・エレンらと巨人との戦いを描いたダークファンタジー漫画。

現在、コミックの国内累計発行部数は7600万部を超え、世界18言語に翻訳され180か国に展開、先日はハリウッドでの実写映画化も発表されたばかりだ。

7月から10月にかけてTVアニメ『進撃の巨人』Season3のパート1が放送、は2019年4月にはパート2の放送も予定されている。

予告動画では「あの進撃の巨人が終わるかもって、ほんと!?」と、進撃の巨人の完結を匂わせるナレーションが。番組公式ホームページでは「ついに終焉へ」と、衝撃のキャッチコピーが掲載されている。

番組では、諫山さんにとってデビュー作である『進撃の巨人』の、ラストネームに着手する現場に密着しているとのこと。超人気漫画として、またいち作家として苦悩する様子に迫っている。

また、これまで諌山さんは、何度か情熱大陸への出演オファーを断っていたことも担当編集者より明かされている。

もうこれだけで、来週の情熱大陸を見る理由としては十分だろう。11月18日は、正座して放送を待ちたい。

和田拓也

最終更新:2018/11/12(月) 19:55
KAI-YOU.net

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事