ここから本文です

紀平梨花、衝撃Vに大国ロシアも驚き 重鎮タラソワ氏が絶賛「私に深い感銘を与えた」

11/12(月) 14:30配信

THE ANSWER

“ザギトワ世代”の16歳をライバルに認定「4年間、誰が戦いに参加するか分かった」

 フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第4戦NHK杯は10日、女子フリーが行われ、ショートプログラム(SP)5位でシニアGPデビュー戦の紀平梨花(関大KFSC)が完璧な演技で154.72点をマーク。合計224.31点で衝撃の逆転優勝を飾った。フィギュア界に大きなインパクトを与えた16歳について、女子を席巻するロシアの重鎮タチアナ・タラソワ氏が「私に深い感銘を与えた、特にキヒラが」と絶賛し、北京五輪を争うライバルになると認めている。ロシアメディアが伝えている。

【画像】「最高のファンがいるんだから」と日本語で感謝! 親日家トゥクタミシェワが公開した紀平&宮原との“表彰台3ショット”の実際の写真

 日本に現れた16歳の超新星が、ロシアの重鎮も驚かせた。「タチアナ・タラソワ氏『日本の少女たちが私に深い感銘を与えた、特にキヒラが』」と見出しを打って紀平について伝えたのは、ロシアメディア「sports.ru」だった。

 記事では、荒川静香、浅田真央を始め、世界の名スケーターを育ててきたタラソワ氏がNHK杯を総括。3位に入り、GPファイナル進出を決めた母国の21歳エリザベータ・トゥクタミシェワ(ロシア)を祝福した上で「日本の少女たちが私に深い感銘を与えました、特にキヒラが」と語ったという。

「彼女はとても表現力豊かに、感情的に、そして素晴らしい技術的なものとともに演技した。3回転アクセルと3回転トウループの連続ジャンプは女子フィギュア界で彼女以外に誰もやったことがなかった。この連続ジャンプは思い切り力いっぱい男子選手のようにやってのけたわ」

ザギトワ、メドベ、トルソワら才能芽吹くロシア勢と北京五輪争う存在に

 このように演技冒頭で見せた連続ジャンプについて、並外れたジャンプのセンスを称賛。さらに、続けて単発で跳んだ3回転アクセルにも触れながら、賛辞を続けている。

「そして、2つ目の3回転アクセルも素晴らしく見えた。このようなレベルで戦うために、こういった深い感銘を与える何かを考え出さないといけない。世界中で戦いが続くけど、今日私たちは、これから(五輪までの)4年間、誰がその戦いに参加するかが分かったわ」

 独特の表現で絶賛したタラソワ氏。ロシアといえば、紀平と同い年で平昌五輪金メダルのアリーナ・ザギトワ、銀メダルのエフゲニア・メドベージェワらトップ選手を誇り、さらに下の世代から4回転ルッツを成功させている14歳アレクサンドラ・トルソワら次代の逸材も続々芽吹いているが、紀平が北京五輪で上位を争う逸材になると認めたようだ。

THE ANSWER編集部

最終更新:11/12(月) 18:22
THE ANSWER

記事提供社からのご案内(外部サイト)

THE ANSWER

株式会社Creative2

アスリートを目指す子供たちや競技者の育成とスポーツの普及をテーマとした総合スポーツニュースサイトです。

あなたにおすすめの記事