ここから本文です

世界最古の動物壁画を発見、約4万年前、初期芸術の報告相次ぐ

11/13(火) 10:31配信

ナショナル ジオグラフィック日本版

野生のウシが3頭とおびただしい数の手形、インドネシア

 インドネシア、ボルネオ島東部の東カリマンタン州にある険しい山々の上には、無数の洞窟が口を開けている。紡錘状にとがった山々は、さながら石灰岩の大聖堂のようで、まさに地質のショーケースだ。しかし、その奧には、さらにすばらしいものが隠されている。はるか昔に描かれた洞窟壁画の広大なギャラリーだ。

ギャラリー:驚くべき芸術性、人類の初期芸術の写真11点

 見上げた天井には、おびただしい数の手形。大きく広げた手でマスキングしたように、手形の外側が赤橙色に塗りたくられている。最新の分析によると、この洞窟壁画は5万2000年前~4万年前に描かれたとされ、それまで考えられていたよりも数万年古いことになる。人間による最古の創造物の一つと言えるだろう。

 だが、この洞窟群に隠されている秘密はそれだけではない。

 ルバン・ジェリジ・サレーと呼ばれる洞窟には、3頭の太ったウシのような動物(バンテン)の絵が残されている。3頭のうち最大のものは、差し渡し2メートル以上。最新の年代分析によれば、少なくとも4万年前に描かれたと推定され、具象壁画としては、今まで見つかっている中でもっとも古いものということになる。これまで最古の具象壁画だとされてきたのは、同じインドネシアのスラウェシ島で発見された太ったバビルサ(イノシシの仲間)の絵だったが、わずか数千年の僅差で記録が塗り替えられた。

 オーストラリア、グリフィス大学の考古学者マキシム・オーベール氏は、「入口の右側に小さな部屋があり、そこに例の壁画がありました」と言う。洞窟芸術全体で見れば、この壁画が最古というわけではない。ただし、それまでの落書きやなぞり書きとは異なり、動物の姿を明確に描写したものとして一線を画すのだと、同氏のチームが11月7日付けの学術誌「ネイチャー」で報告している。

 同時代の洞窟壁画は世界中で次々に見つかっており、このウシの絵と手形もそれに加わることになる。こういった絵画は、初期の人間が周囲の環境をどう考え、どう関わったのか、そしてそれがどう変化したかを示す痕跡だ。旧石器時代を専門とするカナダ、ビクトリア大学の考古学者エイプリル・ノーウェル氏は、日々生き延びるために必要なことをするだけの生活から、人類最初期の文化とも呼べるものを育む生活に転換したことを示す証拠になると説明する。

「多くの人にとって、それこそが、もっとも広い意味でいう“人間らしさ”というものではないでしょうか」とノーウェル氏は言う。

1/3ページ

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ナショナル ジオグラフィック日本版の前後の記事

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ