ここから本文です

年収1000万円・27歳社長の私生活。タワマンに住む意外と深いワケとは

11/13(火) 15:57配信

bizSPA!フレッシュ

 自分で会社を作って、社長になって、年収1000万円超え。そんな生活に誰もが憧れを抱くことでしょう。

 20代半ばにして多くの人が羨むような生活を手にしたのが鈴木好彦さん(仮名・27歳)です。

 鈴木さんはどのようにして年収1000万円を超えるに至ったのか、仕事を成功させる秘訣や気になる私生活について聞いてみました。読者諸君が年収1000万円を超えるヒントが見えてくるかも?

忘年会は高級寿司屋を貸し切り。年収1000万円の生活

 鈴木さんに指定された取材場所はロイヤルホスト。

 マクドナルドでもサイゼリヤでもなく、ロイヤルホストです。これが年収1000万円を超える男の世界なのかと取材前から心が躍ります……。

「ロイヤルホストは会社が近いだけで、たまたまです(笑)。でも普段から食べるものにはお金をかけますね。半年くらい予約がとれない人気のお店の予約をいくつか取っています。会社の忘年会は寿司屋さんの貸し切りです。うちの忘年会は賑やかで楽しいですよ」

 取材早々に格の違いを見せつけてくれた鈴木さん。非常にエネルギッシュな20代の好青年という印象です。鈴木さんはどのようにして年収1000万円を超える男になったのでしょうか。

「もともとは某大手企業でeコマース関連の仕事をしていました。3年間そこで働いて、eコマースで困っている人をもっとサポートしたいと思い自分で起業しました。今は起業して2年半で、eコマースの他に美容系のサロンも経営しています」

 大企業から独立して、今では新規事業として美容系のサロンも展開。鈴木さんはまさに順風満帆という言葉がピッタリの若社長です。

最初は月商30万、年収1000万円までの道のりとは?

「とは言え最初は大変でしたよ! 独立したころは月商で言うと30万円くらいです。独立する前は年収750万円はもらっていたので、はじめは格段に下がりましたね。それでも事業を成長させたいという気持ちを強く持っていました」

 鈴木さんも独立してすぐに年収1000万円を超えていたわけではなく、辛酸をなめた時代もあったようです。

「徐々に売り上げが伸びていって年収も1000万円を超えるようなりました。お陰様で売り上げは今でも伸び続けていますね」

 成功する起業家ばかりではないなかで、鈴木さんが成功した秘訣はどこにあったのでしょうか。

「成功の秘訣ですか? それは僕が心配性だからじゃないですかね。例えば『これが失敗したら赤字だ』みたいに言う人いますよね。これって僕は良くないと思うんですよね。仮に失敗したとしても利益を残し、会社をちゃんと続けていくために考えを尽くすこと。

 失敗したら赤字だ倒産だって、ギャンブルと変わらないじゃないですか。失敗は思ったよりも利益が出ないという状態です。そういった状態をつくるために考えきること。これが重要です」

1/3ページ

最終更新:11/13(火) 15:57
bizSPA!フレッシュ

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ