ここから本文です

悪夢のドラフト指名漏れから2年。日本ハム3位・生田目翼と武田久。

11/13(火) 8:01配信

Number Web

 名前が読み上げられるまでの時間が随分と長く感じた。

 北海道日本ハムからドラフト3位で指名を受けた社会人野球・日本通運の生田目(なばため)翼のことである。

 2018年10月25日、プロ野球ドラフト会議。東京都・港区にある日本通運本社には複数の報道陣が集まり、1巡目の指名が始まると、一斉にカメラを構えてその瞬間を待っていた。

 最速155キロを誇る社会人野球屈指の速球派右腕。前評判も高く1巡目もしくは2巡目での指名になるだろうと会見場に集まる多くの者達が感じていた。

 しかし、結果は違った。1巡目はおろか、2巡目の指名が終わっても、いっこうに彼の名前が呼ばれない。思いもしなかった会議の流れに、記者達は一斉に色めき立った。

「少し不安もあったけれど」

 そして――。

 会議が始まって1時間20分が過ぎた頃、ようやく彼の名前が読み上げられる。生田目は少し驚いたように口を小さく尖らせると、隣の席に座る日本通運・藪宏明監督とがっちり握手を交わした。

 「想定範囲内じゃないですけど、3位くらいでは選んでいただけるかなというのはあったので、呼んでいただいてホッとしている部分はあります」

 藪監督から一言声をかけられると、これまでの様々な記憶が蘇ったのかしばし俯いて目頭を押さえた。

 「2年前もプロ志望届を出させていただいて……。ちょっとその悪夢が蘇るじゃないですけど、少し不安もありました。呼ばれてホッとした部分はあります」

 それまでそわそわとした空気が流れていた会見場も一気に和やかな雰囲気に包まれる。

 安堵感、まさにそれだろう。

 取材する側も、される側も笑顔が絶えないとても温かい光景がそこに広がっていた。

大学でドラフト候補となるが。

 「生田目翼」の名前が全国的に広まったのは今から3年前の2015年6月、全日本大学選手権が最初だろう。

 当時、生田目は流通経済大学の3年生だった。

 2回戦の城西国際大学戦で最速151キロを計測すると、準決勝の神奈川大学戦でも2安打1四球で完封勝利を挙げるなど同大学の準優勝に貢献。あるマスコミから来年のドラフト有力候補と報じられた。

 しかし、大学3年の秋に右肘を故障すると、完治を急いだ4年春には右肩を痛めて不遇な時を過ごす。

 その秋には東京新大学野球連盟で共にしのぎを削った創価大・田中正義が5球団競合の末、福岡ソフトバンクに1位指名、池田隆英が東北楽天から2位指名を受ける一方で、自身はまさかの指名漏れとなり、やり切れない思いだけが残った。

1/4ページ

最終更新:11/13(火) 8:01
Number Web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Sports Graphic Number

文藝春秋

967号
12月6日発売

定価590円(税込)

日本代表 僕らの時代。

【三銃士の肖像】 南野拓実/堂安律/中島翔哉
【炎の守護神 引退】 川口能活 1994-2018

あなたにおすすめの記事