ここから本文です

「YouTube Music」日本でも開始 音楽体験がストリーミングでさらに快適に

11/14(水) 11:28配信

KAI-YOU.net

本日2018年11月14日(水)、YouTubeが音楽アプリを発表した。

「YouTube Music」という音楽視聴に特化したアプリだ。

【画像】「YouTube Music」発表会の様子

簡単に言うと、これまで音楽アプリを楽しんでいた人は、それらのアプリとYouTubeを行き来することなく、YouTubeのみで音楽体験が完結する。

「YouTube Music」の特徴

主な特徴は以下の通り。

・歌詞や楽曲の特徴から検索できる
・音声と動画をボタンひとつで切り替えられる
・収録曲は、公式楽曲、リミックスや、カバー曲、ライブ、レア音源など多彩。本アプリだけの音楽も用意される
・「無料版」と「定額購入(サブスクリプション)版」がある。定額購入版は、音楽を広告表示なしで、バックグラウンドやオフラインでも視聴できる。さらに、「オフラインミックス」という機能を有効にすると、お気に入りの曲を自動再生できるようにもなる
・ホーム画面は、ユーザの使用履歴やロケーション履歴(許可している場合のみ)に合わせてカスタマイズされる
・「ホットリスト」という画面では、日本で流行っている楽曲や、要注目・急上昇のアーティストやミュージックビデオを紹介する機能もある


さらに、ユーザーがコンテンツを投稿できる機能(UGC)も設けられる。

ユーザーがカバーやリミックスを投稿でき、著作権管理システム「Content ID」により、適切に著作権管理される。

いわゆる「歌ってみた」や「踊ってみた」にも対応していることになる。

有料版「YouTube Music Premium」も用意

Google傘下の米YouTubeが新たな音楽ストリーミングサービスとして5月から米国やオーストラリア、韓国などで開始、現在22の国と地域で提供されている「YouTube Music」。

広告がついた無料版と、月額定額制の有料版「YouTube Music Premium」を展開する。

価格は、Web版・Android版が980円、iOS版が1,280円となる。

有料版「YouTube Music Premium」では、広告なしで音楽を再生できるほか、バックグラウンドやオフラインでの音楽再生にも対応している。

また、Googleアシスタントを搭載したスマートスピーカー「Google Home」や「Google Home Mini」とも連携。話しかけるだけで再生してくれる。

なお、新たにそれらのスマートスピーカーを購入すると、2019年4月8日まで「YouTube Music Premium」を体験することができる特典も用意された。

長谷川賢人

最終更新:11/14(水) 12:43
KAI-YOU.net

あなたにおすすめの記事