ここから本文です

トライアウトで実現した運命の対戦。鵜久森淳志「まさかここでも…」

11/14(水) 17:48配信

webスポルティーバ

 日本ハム退団後に受験した、2015年以来自身2度目となるトライアウトでの全打席を終えた鵜久森淳志(うぐもり・あつし/前ヤクルト)を、報道陣が取り囲む。感想を述べる際にも、凛々しい表情が崩れることはない。

【写真】野村克也が名捕手2人を評価。どちらもいいが「古田敦也のほうが上」

「カウント1-1からのスタートということもあり、”代打”で出場したつもりで初球から積極的に攻めの気持ちでいこうと決めていました。そこはできたと思います」

 他球団が自分を獲得するとしたら、代打での起用を念頭に置くことは間違いない。そこでの活躍をイメージさせるような打席の入り方、スイングをトライアウトでも表現したいと考えていた。

 4打席に立ち、2打数無安打2四球。結果を受けたあとも、「野球である以上、ヒット、アウトの結果は出るものなので、そこは割り切りました。次の打席への切り替えであったり、シーズンから心がけていたことを変えることなくやろうと考えていましたし、そこは達成できました」と前を向いた。

 この日の打撃成績から、ヤクルトに所属した3年間に話題が移ると、真っ先に述べたのが球団への感謝だった。

「ヤクルトに入って『打席に立つ喜び』をあらためて感じることができました。何というか”野球少年”に戻れたような……。そんな感覚でした。選手、イチ野球人としてはもちろん、人間的にも成長させてもらえた3年間。戦力外を伝えられてからも、周りの選手と同じようにバッティング練習をさせてもらったり、最後までサポートしていただきました。そのおかげもあって、今日を迎えられたので、本当に感謝しています」

 その後いくつかの質問に回答し、報道陣の数もまばらになると、崩すことのなかった表情に幾ばくかの”柔らかさ”が宿った。

「須田(幸太・前DeNA)と対戦ができて……。それが嬉しかったですね」

 同学年にあたる鵜久森と須田。ただ、2人の縁はそれだけにとどまらなかった。

 済美(愛媛)が創部以来初となる甲子園出場を果たした2004年春のセンバツ。済美にとっても、鵜久森にとっても”甲子園初陣”となった1回戦、対戦相手である土浦湖北(茨城)のマウンドに立っていたのが、エースナンバーを背負った須田だった。

 試合は9-0で済美が勝利。鵜久森は、4回に須田から2ランも放った。この試合で波に乗った済美は甲子園初出場初優勝を達成。センバツで2本塁打を放った鵜久森は「高校球界屈指の長距離砲」として熱視線を浴びるようになった。

 高校3年時の活躍を評価され、高卒でのプロ入りを果たした鵜久森と、早稲田大、JFE東日本でのプレーを経て、2010年にドラフト1位選手としてDeNAに入団した須田。同じ”プロ野球選手”の立場になった後も、2人の運命は交錯する。

 2015年に北海道日本ハムから戦力外通告を受けた鵜久森は、自身初のトライアウトを受験し、ヤクルトからオファーを得た。須田と同じセ・リーグに移籍すると、一軍の舞台での再戦が実現する。

 2017年4月2日、神宮球場でのヤクルト×DeNA戦の延長10回裏、打席には一死満塁で代打起用された鵜久森、マウンドには6人目の投手として登板した須田が立つ。結末は劇的だった。鵜久森がレフトスタンドへシーズン第1号のサヨナラ満塁本塁打。代打でのサヨナラ満塁弾は、プロ野球史を見渡しても、16人しか達成していない快挙だった。

 今季のイースタン最終戦でも対戦の可能性があったが、打順の巡り合わせもあり、”ニアミス”に終わった。試合後、お互い「対戦できなくて残念だった」と連絡を取り合ったが、ともに受験を決意した今回のトライアウトでも”運命のいたずら”が用意されていた。

 トライアウトの対戦予定に目を通すと、須田の対戦予定者のなかに自分の名前があった。

「まさかここでも……と思いました。自分にとって甲子園で初めて対戦した投手で、当時の光景も鮮明に思い出されましたし、特別な思いがありました。自分は高卒で、須田は大学、社会人を経てのプロ入り。形はそれぞれ違いましたけど、年数を重ねて、こういった場所でまた対戦できるのは、嬉しかったですね」

1/2ページ

最終更新:11/14(水) 17:48
webスポルティーバ

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Sportiva

集英社

スポルティーバ
10月31日(水)発売

定価 本体1,593円+税

フィギュア特集『羽生結弦 新世界を拓く』
■羽生結弦インタビュー
■トロント公開練習フォトギャラリー
■アイスショープレイバック

あなたにおすすめの記事