ここから本文です

元貴乃花親方 喜色満面の笑みで福岡のファンに大サービス

11/15(木) 16:00配信

NEWS ポストセブン

 1か月ぶりに公の場に姿を見せた元貴乃花親方。その集客力は健在だった──。

【写真】「ふうちゃん」とのツーショット

 大相撲九州場所開催直前のこの日、元親方は、昨年まで貴乃花部屋宿舎があった福岡県田川市の「炭坑節まつり」に、市長から任命された「たがわ魅力向上大使」として参加。露店で綿菓子を販売すると長蛇の列ができるなど、例年の倍近い市民が会場に足を運んだ。

 元横綱・貴乃花の存在感は絶大。会場内を移動するたびにマスコミが動き、ファンからは「横綱~」「貴乃花~」の掛け声が飛んだ。旧貴乃花部屋の力士の移籍を受け入れた千賀ノ浦親方(元小結・隆三杉)と隆の勝が挨拶に訪れると満面の笑みを見せたものの、綿菓子は作り続けた。

 店の愛犬“ふうちゃん”と無邪気に戯れる場面も。「常に張り詰めていた」という親方時代にはこのような姿を見せることはなかった。

 チビッコ相撲が行なわれると、土俵を遠くから見つめる元親方。気になる今後の活動については、こう語った。

「色んなことをやるうちに何か見えてくるかもしれない。貴乃花でもあるし、花田光司でもあるから……。まずは子供の育成に携わっていきたいですね。子供たちの笑顔を見ていると答えが出てきそうな気がする。元力士として、伝えられることを伝えていきたい」

 ちなみに、「田川チビッコ相撲大会」は元貴乃花親方と共に立ち上げた福岡出身の浅香山親方(元大関・魁皇)と千賀ノ浦部屋が継承していくことになったという。

◆撮影/WEST 取材・文/鵜飼克郎

※週刊ポスト2018年11月23日号

最終更新:11/15(木) 16:00
NEWS ポストセブン

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ