ここから本文です

バレーボール・セリエA/石川祐希所属のシエナは強豪ルーベに敗れる

11/15(木) 10:33配信

月刊バレーボール&月刊バスケットボール

石川は13得点

 イタリアバレーボールの国内リーグ・セリエAは現地11月14日、第9節のシエナとルーベの一戦が行われた(第8節は全チーム未消化で、同月18日に実施)。

 シエナは全日本の石川祐希が13得点、大黒柱のフェルナンド・エルナンデス(キューバ)が17得点をあげるも、強豪ルーベを相手に1-3(30-32,15-25,25-20,18-25)で敗れた。シエナは8試合を終え、成績を0勝8敗としている。

 ルーベはオスマニー・ユアントレーナ(イタリア)が両チーム通じて最多の24得点、ロベルランディ・シモン(キューバ)が4本のサービスエースを決めるなど、攻撃力を存分に見せた。

あなたにおすすめの記事