ここから本文です

プロ野球ストーブリーグに突入、移籍は吉か凶か。昨オフFA権を行使した選手の今季は?

11/15(木) 10:01配信

ベースボールチャンネル

 ストーブリーグに突入したプロ野球。フリーエージェント(FA)行使期間が終了し、15日から交渉が解禁される。埼玉西武ライオンズの浅村栄斗内野手、広島東洋カープの丸佳浩外野手らが権利行使を宣言。残留、移籍を巡って、その動向に注目が集まっている。

広島・丸、西武・浅村、オリックス・西…FA有資格者一覧

 2017年オフは野上亮磨投手、増井浩俊投手、大和内野手、鶴岡慎也捕手、大野奨太捕手が国内FA権を行使し、新天地に移籍した。平野佳寿投手は海外FAでオリックス・バファローズからアリゾナ・ダイヤモンドバックスへ戦いの場を移した。

 そして、FA選手の人的補償となった高木勇人投手、尾仲祐哉投手が新たなスタートを切った。

 昨オフにFAで移籍した6選手、人的補償で移籍した2選手の1年を振り返る。

野上亮磨投手

埼玉西武ライオンズ→読売ジャイアンツ
今季成績:25試合、4勝4敗1H、防御率4.79

 2009年から2017年まで西武で先発、中継ぎを務めた。17年は飛躍的な成長を遂げ、自己最速149キロをマーク。右のエースとしてキャリアハイの11勝を挙げた。

 巨人では先発ローテの一角として期待されたが、4敗目を喫した阪神タイガース戦(5月27日)後の同30日に移籍後初めて出場選手登録を抹消された。7月14日の再昇格後はリリーフとして起用されているが、主に敗戦処理を務めている。

人的補償:高木勇人投手

今季成績:8試合、1勝2敗、防御率8.69

 2014年ドラフト3位で巨人に入団した高木。1年目には巨人投手として49年ぶりのデビュー5連勝を飾るなどの活躍を見せたが、中継ぎへの配置転換、けがによる長期離脱などで3年目を終えた時点で人的補償での西武入りとなった。

 4月3日に中継ぎとして移籍後初昇格を果たし、同22日の千葉ロッテマリーンズ戦で白星を挙げた。だが、5月1日のオリックス・バファローズ戦で黒星を喫し、3カ月の登録抹消。再昇格後の8月1日の1軍マウンドでは、福岡ソフトバンクホークス相手に4回途中8失点の乱調。チームの連勝をストップさせ、翌日に登録抹消された。

1/3ページ

あなたにおすすめの記事