ここから本文です

ソ・ガンジュン「東京に行ったときは、よく公園に行くんですよ」

11/15(木) 17:00配信

週刊女性PRIME

 若手俳優のなかでは屈指の実力とイケメンぶりで人気のソ・ガンジュン(25)。主演ドラマ『君も人間か?(原題)』では、主人公の御曹司ナム・シンと、シンの身代わりになる人工知能ロボット、ナム・シンIIIの一人二役に挑み、新境地を見せている。

【写真】ソ・ガンジュンにもっと接近!!

「シンIIIを演じるときはすべてのことを初めて体験する新生児のような純粋さを出すように心がけていました。逆に人間のシンは“悪い人に見えないといいな……”と思っていましたが、いい人ではなかったですね(笑)。そこで、彼がなぜ屈折してしまったか、背景を考えるようにしたら、うまく演じ分けられるようになりました」

 ナム・シンIIIが社会でさまざまな経験をし、学んでいくなかで“人間らしさ”とはいったい何なのかを問いかけるストーリー。劇中でシンIIIが言う“泣いたら抱きしめてあげる”というセリフがお気に入りだそう。

 ヒロインのソボン(コン・スンヨン)がつらいときに優しく抱きしめるこのシーンは、韓国で多くの人が胸キュンした名場面だ。

「シンIIIは、泣いている人を見たら抱きしめるように反応するプログラムをされているんです。ロボットを開発したシンの母親が息子にしてあげたかったことを搭載したのかな? と思うと、胸が痛みましたね」

 この取材時も新作ドラマ『第3の魅力(原題)』の撮影中で忙しかったはずだが、「タイトなスケジュールのほうが僕には合っているのかも(笑)」とサラリと語る。人気俳優なだけに出演作が切れ目なく続くなか、大切にしているのは自分だけの時間。

「僕は、のんびりと過ごすことが好きなので、それがストレス発散法ですね。散歩しながらカフェに行って、ゆったりと台本を読んだり、読書をしたり。家ではネコと遊んだり。

 余裕のある時間を過ごすことで気持ちが落ち着きます。東京に行ったときは、よく公園に行くんですよ。公園の中を歩くだけでも気持ちが楽になるんですよね」

1/2ページ

最終更新:11/15(木) 17:00
週刊女性PRIME

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊女性PRIME

(株)主婦と生活社

「週刊女性」12/25号

特別定価410円(税込)

あなたにおすすめの記事