ここから本文です

「堂安? 日本代表にいるの?」。ベネズエラMF、U-20W杯で対戦した相手エースは記憶になし

11/15(木) 11:49配信

フットボールチャンネル

 日本代表との国際親善試合を16日に控えるベネズエラ代表が、14日に大分市内で練習を行った。

【動画】カタールW杯へ提言したいスタメン案。4年後の日本代表イレブンをFチャン編集部が厳選

 ベネズエラ代表には若い選手が多く招集されており、その中には昨年のU-20ワールドカップで日本を負かした者たちも含まれてる。MFヤンヘル・エレーラもその1人だ。

 昨年5月30日に韓国・大田で行われたU-20ワールドカップの決勝トーナメント1回戦。日本対ベネズエラは90分間で決着つかず、延長戦の末にベネズエラが1-0の勝利を収める、まさに激闘だった。

 やはりY・エレーラも、U-20ワールドカップの日本戦のことをしっかり覚えており、「日本も僕たちも素晴らしいプレーをした。結果は僕たちにとっていいものとなり、日本にとっては悪い結末になってしまった」と振り返った。

 そこでU-20ベネズエラ代表との一戦に先発出場し、今回の日本代表にも選ばれているMF堂安律のことを覚えているか尋ねてみた。当時の堂安はグループリーグで3得点を挙げて大会でも注目される存在。ベネズエラ戦ではクロスバー直撃の強烈なフリーキックも蹴っていた。

 しかし、Y・エレーラはピンときていない様子。「名前は?」と首をかしげる。こちらも堂安の写真を見せ、名前と当時の背番号が「7」だったことを伝えたが「いや…彼のことは覚えていない。彼は日本代表にいるの?」と逆に質問を重ねられてしまった。

 どうやら直接対戦したにもかかわらず、相手のエースだった堂安のことは記憶に全くない様子。ニューヨーク・シティFCでプレーするY・エレーラは18歳だった2016年にベネズエラ代表デビューを飾り、現在まで6キャップを積み重ねている。

 今年の9月に日本代表初招集だった堂安は、一足越されている形になる。1年前の対戦を忘れられているなら、実力と成長を証明して見返すしかない。ピッチ上で相手よりも卓越したパフォーマンスを発揮し、Y・エレーラの記憶を呼び覚ますとともに、一生忘れられない新たな思い出を刻み込みたいところだ。

(取材・文:舩木渉)

フットボールチャンネル編集部

記事提供社からのご案内(外部サイト)

あなたにおすすめの記事