ここから本文です

防弾少年団「原爆Tシャツ騒動」を機に知っておきたい歴史の真実

11/15(木) 6:00配信

デイリー新潮

原爆で無条件降伏? 

 韓国の人気アイドルグループ「防弾少年団(BTS)」の「原爆Tシャツ騒動」は日韓2カ国だけではとどまらない問題になってしまった。Tシャツ以外に、過去にナチスを連想させるファッションを披露していたことも判明し、ユダヤ系人権団体「サイモン・ウィーゼンタール・センター」までもが不快感を表明する事態にまで至ったのだ。BTSの所属事務所は13日、こうした一連の騒動について、不快感を与えたとして謝罪を表明した。

 問題となったTシャツのデザイナーは、韓国メディアの取材に答えて、悪意はなく、原爆が投下されて、日本が無条件降伏したことで、韓国が解放された、ということを表現したのだ、と説明したと伝えられている。

 ごく大雑把に言えば「原爆投下」→「日本の降伏」→「韓国解放」という流れは間違いではないのかもしれないが、実際にはこれは相当乱暴なまとめになっている、という点は、アンチもファンも知っておいたほうがいいだろう。

 まず、原爆投下によって日本が「無条件降伏」をしたというのは、二重に間違っている。有馬哲夫・早稲田大学教授は新著『原爆 私たちは何も知らなかった』でこの点を詳しく解説している。

 そもそも原爆投下以前から、すでに日本側は降伏のための交渉を進めていた。

「こういうと、欧米の研究者は、いや原爆の衝撃があったから天皇も指導者も降伏を選んだのだといいます。一種の原爆信仰です」(『原爆 私たちは何も知らなかった』より)

 こうした見方は、1945年7月26日にポツダム宣言を拒否したのに、8月6日と9日の原爆投下を経て受諾したところから来ている。

「これだけ短期間であれだけ頑なな日本がポツダム宣言の拒否から受諾に変わったのは原爆が効いたに違いないというのです。

 こうした論者に欠けているのは、日本の戦争指導者たちがどれだけ広島、長崎の状況を把握できたかという視点です。そもそも、当時の新聞は『焼夷弾爆弾』とか『新型爆弾』としか書いておらず、原爆とは書いていません。

 天皇は東郷茂徳(外相)から原爆については8月8日に知らされていましたが、頻繁に接触していた侍従武官長の蓮沼蕃は次のようにいっています。

『原子爆弾がそれ程大きな衝撃を陛下に与えたとはおもわれません。尤も陛下は科学者であらせられるから、原子爆弾の威力を熟知して居られたでしょう。

 併し8月8日、9日頃までには未だ広島の情報は十分わかりませんでした。従って陛下にそれほど大きな衝撃を与える迄に至っていなかったと思います』」

 当然のことだが、当時は今のように情報は素早く伝わらなかった。

 原爆投下と終戦を直結させるのは、「原爆投下がなければ戦争は終わらなかった」という論理、すなわち原爆投下を正当化させたい人たちの論理だ、と有馬氏は解説している。

1/2ページ

最終更新:11/15(木) 6:00
デイリー新潮

記事提供社からのご案内(外部サイト)

デイリー新潮

新潮社

「週刊新潮」毎週木曜日発売

「デイリー新潮」は総合週刊誌「週刊新潮」が発信する最新の話題に加え、専任取材班による綿密な取材に裏打ちされた記事を配信するニュースサイトです。

あなたにおすすめの記事