ここから本文です

西城秀樹さんの妻が明かした出会いと別れと「最初の脳梗塞」

11/16(金) 7:00配信

NEWS ポストセブン

 2018年4月25日。西城秀樹(享年63)は、いつも通りに約3時間に及ぶリハビリを終えて帰宅し、妻の美紀さん(46才)と母、中学2年生の次男・悠天くんとともに夕食を楽しんでいた。その日はたまたま、高校1年生の長女・莉子さんと中学3年生の長男・慎之介くんは部活動で帰宅していなかったが、自宅2階にあるダイニングで、家族そろっての夕食を囲んだ。

【写真】秀樹さんの葬儀で挨拶する妻・美紀さん

 テーブルに並んだのは、スペアリブ、ポトフ、サラダ、そして秀樹の好物である白いご飯。いつもどおり、肘掛けのある白い椅子に腰を下ろした秀樹は、これらをきれいに平らげる。

 直後のことだった。夜7時頃、秀樹の体は椅子の上で反り返ったまま、動かなくなってしまった。異変に気づいた美紀さんが呼びかけるが、全身が痙攣を起こし、椅子から転げ落ちそうになっている。

「パパ! どうしたの?」

 美紀さんは秀樹を椅子から下ろして体を揺すりながら、次男に「救急車を呼んで!」と叫んだ。

 大学病院の救急救命室(ER)に運び込まれ、処置が始まる。長女、長男、そして事務所のスタッフも駆けつけ、全員が無事を祈り続ける。懸命の治療、そして家族の思いによって止まっていた心臓は再び動き始めたが、医師の口から発せられた言葉は、あまりに残酷なものだった。

「残念ですが、意識が戻る可能性はありません」

 約40分間の心臓停止により、脳に充分な酸素が行き渡らなかったことから、脳死の可能性が高いという説明もあった。「もって1週間」とも。

 それでも、秀樹は生き続けた。意識は戻らず、話もできない状態でも、倒れた日から3週間、これまでと同じように「また言葉を交わせるのではないか」「ステージに立てるのではないか」という淡い希望を、見守る家族に抱かせた。

 しかし、ついにそのときが訪れる。5月16日、深夜。家族が見守るなか、医師の言葉が病室に響いた。

「5月16日23時53分、ご臨終です」

 63才。余りにも早すぎる旅立ちだった。

1/3ページ

あなたにおすすめの記事