ここから本文です

米仏で連鎖…反ユダヤの動き、今年に入りフランスで69%増

11/16(金) 18:57配信

ニューズウィーク日本版

──フランス首相「まるで新たな水晶が割れているようだ」

■ 「新たな水晶の夜のよう」

1938年11月9~10日に、ドイツで「水晶の夜」(クリスタルナハト)という事件が起きた。フランスのパリでドイツ大使館の職員がユダヤ系ポーランド人に暗殺された事件を受け、ナチスによるユダヤ人への迫害がドイツ全土で行われたのだ。

「深センすごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営者が語る

この事件で少なくとも91人のユダヤ人が死亡し、2~3万人が強制収容所に送られたとされている。ユダヤ人が経営する店舗のガラスなどが割られ、道路にはガラスの破片がキラキラ輝いてまるで水晶のようだったので、「水晶の夜」と呼ばれているという。

この事件から80年となる今年、フランスではユダヤ人への嫌がらせ行為などの「反ユダヤ主義の動き」が昨年より増加し、最初の9カ月で69%増となったという。フランスのエドゥアール・フィリップ首相が自身のフェイスブックで明らかにした。

仏国際ニュース専門チャンネル「フランス24」によると、フィリップ首相は、現在の反ユダヤ的な流れは「まるで新たな水晶が割れているようだ」と、80年前の「水晶の夜」を引き合いに出して表現した。

■ 欧州最大のユダヤ人口を抱えるフランスで69%増

フランス24によると、フランスのユダヤ人の人口は欧州最大で、その規模は世界では3番目となる。フランスの人口に占める割合でいうとユダヤ人はわずか1%以下に過ぎないが、2017年には「人種または宗教が動機となった暴力行為」に分類された事件のうち、40%近くがユダヤ人をターゲットとしたものだったという。

とはいえ、2015年に過去最多を記録した後、反ユダヤの動きはその後減少し、2016年にはこれが58%減、2017年にはさらに7%減となっていた。これが、今年になって突然また増えたというのだ。

米インディアナ大学の歴史学者であるドイツ人のグンター・ジケリ准教授はフランス24に対し、こうした反ユダヤの動きが増加した原因を突き止めるのは難しいと話した。反ユダヤ主義の活動について信頼できるデータはフランスと英国のみにしかないというジケリ准教授は、反ユダヤの動きにおいてこの2カ国には密接な関係があると説明する。反ユダヤ主義の高まりは通常、この2カ国で波のように連鎖して起こっているというのだ。昨年は英国でかなり大きな波が起こったと指摘する。

ジケリ准教授はまた、他の反ユダヤの活動がきっかけになって起こることが多いとも説明している。10月27日に、米国ペンシルベニア州のピッツバーグにあるユダヤ教礼拝所で発生した銃乱射事件のようなものが、引き金になる可能性もあるというのだ。この事件では、11人が犠牲になった。

■ 「本当に危険なのは、無関心」

フランス24によるとフィリップ首相フェイスブックの投稿の中で、「本当に危険なのは、無関心だ」というユダヤ人作家でノーベル平和賞を受賞したエリ・ヴィーゼル氏の言葉を引用し、フランス政府は無関心でいないことを誓った。

またBBCによるとフィリップ首相は、反ユダヤ主義のような悪質な活動に対応するための専門家のネットワークを構築したり、教師をサポートする体制を学校に常設したりするといった計画を明らかにした。

一方でフランス24は、フランス政府が来年から、ソーシャルメディア大手に対し人種差別や反ユダヤ的なコンテンツを削除するよう働きかけ、オンラインでのヘイトスピーチの取り締まりを厳格化する予定だと伝えている。

松丸さとみ

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ニューズウィーク日本版

CCCメディアハウス

2018-12・18号
12/11発売

460円(税込)

【特集】間違いだらけのAI論
AI信奉者が陥る「ソロー・パラドックスの罠」 過大評価と盲信で見失う人工知能の未来とチャンス

あなたにおすすめの記事