ここから本文です

「亀井静香」の怒りを買った「河井克行の妻」 参院出馬めぐり

11/16(金) 5:58配信

デイリー新潮

〈参院広島選挙区から河井克行代議士夫人の案里(あんり)さんが出馬の決意を固めました〉

 今月1日、赤坂の料亭で開かれた、とある会合の案内状にはそんな一文が添えられていたという。

 自民党広島県連の関係者によれば、

「広島の改選定数は2議席で、すでに現職の溝手顕正(みぞてけんせい)氏が公認を得ているんです。なのに、広島3区の河井克行代議士の妻で自民党の広島県議を務める案里氏が県連に相談もせずに名乗りを上げた。会合はそのお披露目も兼ねていたんですよ」

 県連にケンカを売るとは、よほどの怖いモノ知らずとも思えるが、案里氏(45)のバックにはさらに怖い組織がついているのだという。

「広島は直近2回の参院選ともダブルスコア以上で圧勝しており、官邸は以前から候補者2人の擁立を画策、県連はそれに強く抵抗してきたのです」(同)

 そして、これに便乗したのが河井夫妻だったのだ。

「実は、克行氏は無派閥ながら安倍政権で首相補佐官を務め、現在も総裁特別補佐に処遇される総理の側近の一人。彼はかねてより国政への野望を抱いていた案里氏を公認候補にすべく、官邸の威光を笠に着て、妻を出馬させようとしたのです」(政治部記者)

 もっとも、官邸の威光も彼らの“至らなさ”までは隠せなかったようで、

「今月1日に行われた会合の案内状には、亀井静香さんが後見人として応援しているかのような一文が添えられていた。でも亀井さんがそれに激怒しているそうなんです」(同)

 何があったのか。亀井氏本人に話を聞いてみると、

「あれは、勝手に名前を使われたんだよ。このあいだ案里が事務所を訪ねてきたんだけど、そんな素振りはまるでなかった。なのに後であんな案内状が送られてきたんだ。腹が立って会には顔も出さなかったよ」

 政治は根回し。亀井氏からその極意を学ぶまで、出馬はお預けか? 

「週刊新潮」2018年11月15日号 掲載

新潮社

最終更新:11/16(金) 5:58
デイリー新潮

記事提供社からのご案内(外部サイト)

デイリー新潮

新潮社

「週刊新潮」毎週木曜日発売

「デイリー新潮」は総合週刊誌「週刊新潮」が発信する最新の話題に加え、専任取材班による綿密な取材に裏打ちされた記事を配信するニュースサイトです。

あなたにおすすめの記事