ここから本文です

就活ルール廃止を叫ぶ経団連の本音「外資系に優秀な学生を取られたくない」は間違いだ!

11/16(金) 5:50配信

週プレNEWS

『週刊プレイボーイ』でコラム「古賀政経塾!!」を連載中の経済産業省元幹部官僚・古賀茂明氏が、経団連が打ち出した就活ルール廃止のデメリットについて語る。

* * *

経団連が打ち出した就活ルール廃止が波紋を広げている。

中西宏明会長は2021年卒からの廃止を表明していたのだが、混乱を心配する政府から「待った」の声がかかり、22年卒以降も当面、就活ルールが維持される見通しとなったのだ。

ただ、企業側のルール廃止要望は根強い。政府も将来的には企業に新卒一括採用の見直しや通念の中途採用拡大を促す方針なので、いずれは(4年制大学の)3年生の3月に説明会、6月に選考面接スタート、10月以降に内定という現行の就活スケジュールはなくなるだろう。

しかし、就活ルール廃止は企業、学生双方に大きなデメリットをもたらす可能性がある。

就活ルールがなくなれば、企業の採用活動はどんどん前倒しされ、通年採用へと様変わりするだろう。学生の就職活動開始も当然前倒しになる。

企業間の就職協定が廃止になった97年から04年までの7年間は就活ルールがなかったが、このときも多くの企業が早期の囲い込みに走ったため、就活スタートは大学2年生の冬休みにまで早まった。

就活ルール廃止となれば、優秀な学生には1年生のときに内定が出るが、そうでない一般の学生は、「採用直結型」と称するインターンに参加し、長期間「採用のための労働」で競争させられるということが起きる可能性が高い。

立場の弱い学生ほど人手不足業界でこき使われるということだ。その結果、多くの学生は長期間就活に忙殺されて勉強ができず、日本の大学はますます劣化することだろう。

企業も大変だ。早期に内定を出しても、その後も学生を引き留めないといけない。魅力に乏しい企業は内定辞退者を出すまいと、何年間もあの手この手の囲い込み策を講じることになる。それが意味するのは企業、学生双方の果てしない消耗戦だ。

1/2ページ

最終更新:11/16(金) 5:50
週プレNEWS

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週プレNEWS

集英社

No.53
12月17日(月)発売

定価400円(税込)

水道管「同時多発破裂」クライシス!/爆笑
問題×坂上忍の“毒舌”ゆく年くる年/新N
SX開発責任者を直撃【グラビア】華村あす
か/奥山かずさ/澤北るな/出口亜梨沙 他

あなたにおすすめの記事