ここから本文です

中日・石川翔 球威とキレで勝負する右腕/2019年期待の一番星

11/17(土) 11:01配信

週刊ベースボールONLINE

中日・石川翔[投手/1年目/18歳]

 プロ1年目のシーズンが始まってすぐ、4月に両足首の三角骨除去手術を受けた。3カ月はリハビリに費やし、7月中旬にようやくフリー打撃に登板。それでも8月19日のウエスタン・阪神戦(ナゴヤ)に初登板初先発すると、最速146キロを計測し、1回を2奪三振無失点の満点デビューを果たした。

 制球力に課題は残すが、150キロを超える直球の威力十分だ。一軍初登板となった10月13日の阪神戦(ナゴヤドーム)でも、7回から登板し三者凡退。ストレートで押して、1球も外野に運ばせなかった。

 キレ味鋭いスライダーも大きな武器。来季が最も楽しみな右腕だ。

■2018年成績
1試合 0勝0敗0S1H 1回 0奪三振 0失点 防御率0.00(一軍)

5試合 0勝2敗0S 8回2/3 12奪三振 6失点 防御率6.23(ウエスタン)

写真=BBM

週刊ベースボール

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊ベースボールONLINE

株式会社ベースボール・マガジン社

野球専門誌『週刊ベースボール』でしか読めない人気連載をはじめ、プロ野球ファン必見のコンテンツをご覧いただけます。

あなたにおすすめの記事