ここから本文です

難解極まるマイルCS。激戦で頼りになるのは、やっぱりディープ産駒だ

11/17(土) 6:20配信

webスポルティーバ

 11月18日に行なわれるGIマイルCS(京都・芝1600m)は、7頭のGIウイナーが集結し、例年以上に好メンバーがそろった。そのうえ、今週から短期免許を取得したライアン・ムーア騎手、ウィリアム・ビュイック騎手ら、海外のトップジョッキーが新たに加わって、上位混戦の、ハイレベルな戦いになることが予想される。

【写真】マイルCSの「穴馬」は他にもいる

「裏を返せば、絶対的な存在がいなくなり、レースを予想する我々記者にとっては、『(有力馬が多すぎて)印が足りない……』と思ってしまうほどなんですよ」

 そう語るのは、日刊スポーツの太田尚樹記者。「でもその分、当たれば好配当が見込めるということで、馬券を購入するうえでは、かなり面白いレースになりそうです」と、穴馬探しには力が入っている様子だ。

 レースの傾向を見ても、過去10年で1番人気は1勝のみ。3連単はすべて万馬券となっており、穴党垂涎のレースと言える。

 だが、波乱のパターンは定まっておらず、穴を開けた面々もさまざまで、何かしらの特徴があったわけではない。そのため、GIレースの中でもレース予想の難解さはかなり高くなっている。

 そうした状況にあって、太田記者は、ある血統に注目している。

「マイルCSは、ステップレースや年齢などのデータに、あまり偏った傾向がなく、つかみどころのないレースと言えます。そんななかで見逃せないのが、ディープインパクト産駒です。2012年から6年連続で馬券圏内に入っており、勝ち馬も3頭います(2013年のトーセンラー、2014年のダノンシャーク、2016年のミッキーアイル)」

 そして今年は、6頭のディープインパクト産駒が出走を予定している。しかも、人気上位と目されているモズアスコット(牡4歳)、アエロリット(牝4歳)、ペルシアンナイト(牡4歳)は、いずれもディープインパクト産駒ではないため、ディープインパクト産駒が上位に絡んでくれば必然、好配当につながることになる。

 太田記者が続ける。

「オッズも含めて気になるのは、そのディープインパクト産駒のアルアイン(牡4歳)です。ご存知のとおり、昨年の皐月賞馬で中距離を主戦場としてきましたが、今回3歳の1月以来となるマイル戦へ、矛先を向けてきました。

 新馬戦の手綱をとったムーア騎手が、『すごいマイラーになる』と”予言”したのは有名なエピソード。以後も、騎乗した騎手のほとんどが、マイル適性を見込んでいたそうです。

 母のドバイマジェスティは、アメリカのGI BCフィリー&メアスプリント(ダート1400m)の勝ち馬。距離短縮に不安はなく、(アルアインが)これまで戦ってきた相手を考えれば、能力上位は明らかで、食指が動きます」

 さらに、太田記者は「より穴馬っぽいところで」と前置きしたうえで、同じくディープインパクト産駒のミッキーグローリー(牡5歳)を推奨する。

「思ったより下馬評が低いんですよね。それだけに、狙い目なのではないでしょうか。前走のGIII京成杯オータムハンデ(9月9日/中山・芝1600m)では、重賞初挑戦初勝利を飾り、最近5戦4勝と充実一途ですしね。

 しかも、その前走では次戦で重賞勝ちを収めている3着ロジクライ(牡5歳)、4着ロードクエスト(牡5歳)を一蹴。それら強敵を、外からねじ伏せる強い勝ちっぷりで難なく退けています。

 超のつく大型馬なので、脚もとへの負担を考えて、これまで中間に放牧を挟みながら大事に使われてきました。今回の、前走から2カ月という間隔も、むしろちょうどいいでしょう。GI初挑戦でも、いきなりやれていいと思います」

1/2ページ

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Sportiva

集英社

スポルティーバ
10月31日(水)発売

定価 本体1,593円+税

フィギュア特集『羽生結弦 新世界を拓く』
■羽生結弦インタビュー
■トロント公開練習フォトギャラリー
■アイスショープレイバック

あなたにおすすめの記事