ここから本文です

寝袋で寝てみたら、生産性が上がりすぎてビックリした

11/17(土) 12:10配信

ライフハッカー[日本版]

唐突ですが、私は普段から寝袋で寝ています。家の中で寝袋なんて変だと思われそうですが、理由があります。

【画像】寝袋で寝てみたら、生産性が上がりすぎてビックリした

今年の春、17年に及ぶ海外生活を終えて日本に帰国し、祖母の遺品(全部屋の押入れにぎゅうぎゅうに詰まった布団45枚!)を断捨離しました。ところが、自分の冬用掛け布団まで捨てていたことに気づき、急遽昔使ってしまったままになっていた寝袋を使うことになったのです。

我が家は底冷えが激しい、古い木造建築の日本家屋。気温が冷え込み始める10月から、背中に冷気を感じるほど。

それなのに寝袋で寝た翌日は、起きたときに背中に羽が生えたように体が軽くなっていました。体がポカポカと暖かく、しかも朝5時に目が覚めました。

今までと違うのは寝袋で寝ただけです。寝心地がイイ、とか安眠なんてレベルを超えた素晴らしい効果に感激しました。私と同じように、冷え性という悩みと戦いながら、生産性を高めたいと思っている人は必読ですよ!

身体の熱を逃がさず、冷え、肩こり解消に

寝袋の特徴は、全身をすっぽり包み込んでくれる形状です(特に「マミー型」というタイプの寝袋)。私の使っている寝袋は、マイナス10度まで耐えられ、中に熱を閉じ込めて逃さないタイプです。

布団と比較して何が素晴らしいかというと、どんなに寝返りをうってもずれることがないので、朝方になって寒くて目がさめて、布団を掛け直して寝直すということがありません。12時に寝たら5時までグッスリ。アラームが鳴ったときには全身温まった状態で目を覚ますことができます。

しかも、腰と肩を完全にカバーした「ミイラ状態」で寝ていられるので、冷えてバキバキということもなく、コリも解消されていたんです(個人差はあるかと思います)。

足は冷やせるので、適度な体温に調整可能

人間は寝るときに体が温かくなりますが、その熱が原因で寝にくくなってしまいます。寝袋は全身を包み込む、と書きましたが、タイプによっては足元にファスナーがついていて、ブランケット状に開けられます。このタイプなら、少し温まり過ぎて寝にくいなと感じたら、足部分のファスナーを開けて足を少し出すことができます。

足には熱放散量を調節してくれる動静脈吻合(どうじょうみゃくふんごう)があるので、足を出すだけで体温を下げてくれるのです。足からは適度に冷えるけれど、身体はすっぽり包まれていて温かいまま、という理想が手に入るんです。

1/2ページ

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ライフハッカー[日本版]

株式会社メディアジーン

毎日更新中

ガジェットなどを駆使し、スマートに楽しむ仕事術「Lifehack」。「ライフハッカー[日本版]」では、その言葉を広義に捉え、生活全般に役立つライフハック情報を日々お届けします。

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ