ここから本文です

採用担当者が面接で気にする、履歴書にのらない人間的能力5つ

11/17(土) 17:10配信

ライフハッカー[日本版]

就職面接で、目の前に座っている面接官の考えを知ることはできません。

とはいえ、多くの採用担当マネジャーが求める基本的な能力を知っておくことは重要です。

【画像】採用担当者が面接で気にする、履歴書にのらない人間的能力5つ

Netquote社は、米国の800社を対象に、面接や採用の責任者に調査を行ないました。

その結果、米企業が重視するものは、私たち志望者が重要だと思っているもの(クリエイティビティなど)とは少し異なることがわかってきました。

その内容を紹介します。

1. 対立に対処できる

「対立に対処した経験を教えてください」という質問は、69%が重要と回答しました。

この質問への回答と志望者がミスから学べる能力が、採用の決定に大きく影響するようです。これは、面接する側の立場に立ってみればうなずける結果です。

履歴書はあくまでも基本となる資格要件を示すもの。面接官は、資格要件を満たすだけでなく、一緒に働きたいと思える人を選ぼうとしています。

それはつまり、礼儀正しく、コミュニケーションに優れ、内省ができる人。この質問には、これらの資質すべてが反映されるのです。

2. 前職の収入は無関係

最終的な収益に影響しないのが理由かどうかはわかりませんが、前職での給与額が「非常/極めて重要」と答えたのはわずか27%でした。

とはいえ、給与に関する質問は採用プロセスの後半になるにつれて重要になってきます。ですから、給与のことは一次面接をパスしてから気にしはじめましょう。

同様に、「夢の仕事」や「仕事以外の興味」が重要という回答も少ない結果でした。つまり、意外にも企業は、勤務時間外のあなたにはあまり関心がないようです。

3. 強力な「ソフトスキル」

ソフトスキルとは、コーディングのようなハードスキルよりも「性格に関係する無形の資質」です。測定は困難ですが、面接で傾向を見ることはできます。

たとえば、「あなたの長所を教えてください」という定番の質問は、無駄な質問ではありません。

ビジネスリーダーを対象とした最近の調査では、ハードスキルよりもソフトスキルを重視する傾向が出ています。

ソフトスキルは、どんなキャリアパスにも適用できるからです。ハードスキルは学んで伸ばすことができますが、ソフトスキルはその人の性格の根底にあるため、これから伸ばすことは困難です。

Monster.comで、15個の選択肢から重要と考えられるソフトスキルを3つ選ぶという調査が行われました。その結果、課題解決、コミュニケーション、タイムマネジメントがトップ3でした。

逆に、効率性、多用途性、忍耐力が下位3つでした。

1/2ページ

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ライフハッカー[日本版]

株式会社メディアジーン

毎日更新中

ガジェットなどを駆使し、スマートに楽しむ仕事術「Lifehack」。「ライフハッカー[日本版]」では、その言葉を広義に捉え、生活全般に役立つライフハック情報を日々お届けします。

ライフハッカー[日本版]の前後の記事

あなたにおすすめの記事