ここから本文です

伊藤竜馬と綿貫陽介がともにフルセット勝利で決勝進出 [男子テニス]

11/17(土) 21:00配信

テニスマガジンONLINE

 ATPツアー下部大会の「兵庫ノアチャレンジャー」(兵庫県三木市・ブルボンビーンズドーム/本戦11月12~18日/賞金総額5万ドル/室内ハードコート)の本戦6日目は、シングルス準決勝2試合とダブルス準決勝残り1試合が行われた。

2018年男子国内国際大会表彰写真|PHOTOアルバム

 日本勢が4強を独占したシングルスは、第2シードの伊藤竜馬(北日本物産)が第6シードの内山靖崇(北日本物産)を4-6 6-0 6-4で、第7シードの綿貫陽介(日清食品)は第1シードの西岡良仁(ミキハウス)を6-0 4-6 7-5で破り、それぞれ決勝に進出した。

 ダブルスでは、第4シードの内山/上杉海斗(江崎グリコ)の棄権による不戦勝で、第2シードのゴンサロ・オリベイラ(ポルトガル)/アキラ・サンティラン(オーストラリア)がリー・ジェ(中国)/添田豪(GODAI)との決勝に勝ち進んだ。

 大会最終日の11月18日(日)は12時00分から、単複の決勝が行われる予定。

※名前の左に付いている数字はドロー番号、[ ]数字はシード順位

■シングルス準決勝

○16綿貫陽介(日清食品)[7] 6-0 4-6 7-5 ●1西岡良仁(ミキハウス)[1]

○32伊藤竜馬(北日本物産)[2] 4-6 6-0 6-4 ●17内山靖崇(北日本物産)[6]

■ダブルス準決勝

○16ゴンサロ・オリベイラ/アキラ・サンティラン(ポルトガル/オーストラリア)[2] 不戦勝 ●12内山靖崇/上杉海斗(北日本物産/江崎グリコ)[4]

あなたにおすすめの記事