ここから本文です

ジェンソン・バトンが本領発揮。参戦1年目でスーパーGT王者に輝く

11/17(土) 9:20配信

webスポルティーバ

【連載】ジェンソン・バトンのスーパーGT参戦記(9)

 シーズンを締めくくるースーパーGT最終戦が11月10日、11日、栃木・ツインリンクもてぎで行なわれた。第7戦・オートポリスを終えて、RAYBRIG NSX-GT(ナンバー100)を駆るジェンソン・バトンは山本尚貴とともにランキング首位。フル参戦1年目でのチャンピオン獲得まで、あと一歩と迫っていた。

【写真】初のチームチャンピオン獲得でマッチ感涙

 ただし、平川亮/ニック・キャシディ組のKeePer TOM’S LC500(ナンバー1)も同点で並んでおり、まさに「前でゴールしたほうがチャンピオン獲得」となる。しかも、急減速と急加速を求められる「ストップ&ゴー」のレイアウトが特徴のもてぎは、ホンダのホームコースでありながら、マシン特性から見ればレクサス勢が有利。とくに1号車はここ数年、もてぎで好成績を収めており、戦前予想では「100号車が劣勢」だった。

 しかし、この嫌な雰囲気をバトンが払拭する。土曜日に行なわれた予選Q1に登場し、1分36秒344のトップタイムを叩き出してライバルを圧倒したのだ。今季後半はQ1を担当することの多かったバトンだが、トップタイムを記録するのは初めて。「ベストなアタックではなかったけど、トップタイムはうれしい」と笑顔を見せた。

 その後、100号車は山本がQ2を担当し、2番グリッドを獲得。対する1号車は6番手となり、形勢は一気に逆転した。

 そして迎えた日曜日。待ちに待った決勝レースも、フィナーレにふさわしい名バトルが展開された。

 100号車は山本がスタートドライバーを務め、2番手をキープする。1号車の動きを警戒しながら走り、予定より長い30周目までピットインを引っ張ることになった。

 ただ、これが裏目と出る。バトンと交代する間に立川祐路/石浦宏明組のZENT CERUMO LC500(ナンバー38)に先行を許し、3番手に後退することになったのだ。これに対して1号車は、ピットインしてキャシディから平川に交代すると、徐々に100号車のバトンとの差を詰め始めた。その時の心境を、バトンはこう振り返る。

「ピットアウトしたときに38号車が目の前を通過したので、『しまった!』と思ったよ。(後方から追い上げる1号車の)平川選手のペースが速いのはわかっていたから、自分のタイヤが新しくてグリップ力が高いうちに、早く38号車を追い抜く必要があると思った」

 ここからバトンは、38号車の石浦に猛烈なアタックを仕掛ける。そのアグレッシブさは、これまでの7戦では見られないほど勢いがあるものだった。しかし相手は、今年でスーパーGT参戦100戦目を迎えた大ベテラン。バトンは石浦と一進一退の攻防を繰り広げた。

1/2ページ

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Sportiva

集英社

スポルティーバ
10月31日(水)発売

定価 本体1,593円+税

フィギュア特集『羽生結弦 新世界を拓く』
■羽生結弦インタビュー
■トロント公開練習フォトギャラリー
■アイスショープレイバック

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ