ここから本文です

やっぱり【王道】? 今の【旬ブランド】? 間違いない「名品トレンチ」はこれ!

11/17(土) 20:50配信

集英社ハピプラニュース

ワードローブにトレンチコートを欠かさないという人も、ここしばらく遠ざかっていたという人も、この秋は、“今の気分”のトレンチコートに更新してみては? スタイリスト・村山佳世子さんが、旬のブランドと王道ブランドの中から、大人を素敵に見せてくれる、間違いのない名品5着を厳選しました。

2018年、今から買いたいニット photo gallery

【王道ブランド】「マッキントッシュ ロンドン」オーセンティックなデザインだから、カラーパンツにも挑戦できる!

「トレンチがもつ王道の魅力を存分に楽しむなら、やはりマッキントッシュ ロンドンを代表するこの一着。大人気で、今季で5シーズン目を迎えるそう。大人が安心して着られるベーシックなデザインだから、コーディネートでちょっと冒険したいときにもおすすめ。今季ならカラーパンツにも挑戦できます」

糸からこだわったシルクのようなツヤ感を放つ素材は、驚くような軽さと機能性の高さが自慢。どんな色とも合わせやすい万能トーンのベージュに今シーズンらしいキャメルのニットとグリーンのパンツを合わせ、ベーシックさとトレンド感を両得する、感度の高いコーディネートを完成。コート¥140,000/SANYO SHOKAI(マッキントッシュ ロンドン) ニット¥68,000/ストラスブルゴ(メゾン・フラネール) パンツ¥31,000/FUN Inc.(アイロン) バッグ¥320,000/ヴァレクストラ・ジャパン(ヴァレクストラ) 靴¥46,000/アマン(ペリーコ)

【王道ブランド】「グレンフェル」 着こなしに女らしさを添えるレディライクな雰囲気を満喫して

「英国の伝統を継承するコートブランド・グレンフェルから、まさに一生ものと呼べる定番トレンチ『オーバル』をチョイスしました。オーセンティックな中にも、どこかフェミニンさを感じさせるデザインが、私がこの一枚をエクラ世代向きと思う理由。レディライクなトラッド感を楽しめるトレンチです」

ボウタイブラウスとチェック柄スカートを合わせて、今季らしいクラシカルスタイルに。素材は、耐久性や防水性に優れたグレンフェル・クロスを使用。本格派のトレンチが放つラグジュアリーさを手にしたい。コート¥138,000/コロネット(グレンフェル) ブラウス¥29,000(THIRD MAGAZINE)・グローブ¥23,500(ARISTIDE)/以上サードマガジン スカート¥35,000/オーラリー(オーラリー) ニット帽¥12,000/ビームス ハウス 丸の内(キジマ タカユキ) バッグ¥178,000/J&M デヴィッドソン 青山店(J&M デヴィッドソン)

1/2ページ

あなたにおすすめの記事