ここから本文です

バランスはどう変わった? どんなデザインならOK? 今年使えるブーツはコレ!

11/17(土) 21:30配信

集英社ハピプラニュース

久々にロングブーツ人気が戻ってきている今季だけど、久しぶりすぎてどう履いたらいいかわからない!という声も多数。今年使えるロングブーツのデザインや、バイラ世代の正しい選び方をご紹介。

2018年ブーツ30選 Photo Gallery

大人にちょうどいいモード感をくれる!

肌を見せない“重ため”の足もとがカギ! 靴(6.5)¥78000/フラッパーズ(ネブローニ) コート¥79000/ビューティ&ユース ユナイテッドアローズ 渋谷公園通り店(ナヌシュカ)

Q:今年使えるのはどんなタイプ? バランスは?

A.ボトムを選ばず旬顔になれる太ストレートタイプ 【NEBULONI E.(ネブローニ)】

<トレンドと細見えを両立する太筒タイプは、いちばんの注目株>
多数あるデザインのなかでバイラ世代におすすめなのが、ストンと一直線の太め筒型シルエット。さりげないモード感でどんなボトムに合わせても“今”の顔に見せてくれるうえ、脚の形をカバーしてくれるので細見え効果も大。靴(6.5)¥78000/フラッパーズ(ネブローニ)

A.戻ってきた定番シルエット乗馬ブーツタイプ 【SARTORE(サルトル)】

<飽きのこない永遠のベーシックが、今季再びヘビロテの予感>
ほどよいフィット感と安定感のある低めヒールが特徴の乗馬ブーツタイプ。持ち前の品のよいベーシックさで、トレンド服にもすんなりなじみ、旬の“重ためバランス”に導いてくれる。代表格のサルトルも今季また注目を浴びている。靴(5)¥126000/エリオポール代官山(サルトル)

A.バランスの基本は長め丈ボトム合わせ

ひざ下丈のボトムからブーツをのぞかせる“重ため”バランスがまずは基本と心得て。重心低めのシルエットが新鮮に映る。靴(6.5)¥78000/フラッパーズ(ネブローニ) スカート¥19000/エリオポール代官山 ニット¥19000/ユナイテッドアローズ 六本木ヒルズ店 ピアス¥16000/アー・ペー・セー カスタマーサービス(アー・ペー・セー) 時計¥21000/ピークス(ロゼモン) バッグ¥129000/J&M デヴィッドソン 青山店

撮影/渡辺謙太郎<MOUSTACHE>、魚地武大<TENT> スタイリスト/吉村友希 モデル/比留川游 取材・原文/伊藤真知
※( )内の数字は編集部で計測したヒールの高さで単位はcmです

あなたにおすすめの記事