ここから本文です

「スタジアムにざわめきが起きた」「ピッチの上で輝いていた」ポルトガル・メディアが中島翔哉のプレーに感嘆

11/17(土) 5:30配信

SOCCER DIGEST Web

2試合連続アシストで酒井のゴールを演出

11月16日に行なわれた森保ジャパン4試合目、ベネズエラ戦。大分スポーツ公園総合競技場で行なわれた試合は1-1のドローで幕を閉じた。

【日本代表PHOTO】日本×ベネズエラ戦の美女サポーターたち!

 ポルトガルのポルティモネンセでプレーする中島翔哉は、クラブでも定位置の左サイドハーフで先発。ボールを持つたびにベネズエラの選手に囲まれるシーンが度々見られた。39分にはFKから酒井宏樹のゴールをアシストし、先制点を演出。アシストはウルグアイ戦に続く2試合連続となる。

 厳しいマークにあいながらも、随所で“遊び心”を忘れないプレー、そしてベネズエラから1点を奪ったゴールをアシストした中島を、ポルトガル全国紙の『Record』は絶賛している。

「ポルティモネンセのプレーヤーであるナカジマは、金曜日に日本の大分県でベネズエラと対戦し、1-1という結果を残した。彼は68分にゲンキ・ハラグチと交代するまでプレーし、ヒロキ・サカイの得点をお膳立てしている。10番を背負った中島は、ピッチの上で輝いていた人物のひとりで、彼のプレーには何度もざわめきが起きたほどだ」

 また、ポルトガルの全国スポーツ紙『A BOLA』は「限られた出場時間で、中島翔哉は、酒井宏樹のゴールをアシストするという重要な役割を果たした」と報じ、同じくポルトガル・メディア『MaisFutebol』は「前半、華麗なテクニックを以て日本にアドバンテージを引き寄せる酒井のゴールをアシストしたのは中島だ」とドローに貢献した働きを評価している。

 中島のプレーには、国内のサポーターからも賛辞が続々と上がった。

 アシストしたFKの精度はもちろん、6分に吉田麻也からのパスに反応して前線に走り込んだプレーや、65分に見せた堂安へのパス、DF3人に囲まれながら股抜きで前線へパスを出すなど、“魅せ場”を作った。

 そのたびにスタジアムでは歓声があがり、ツイッターなどでも「酒井への中島翔哉のクロスはココ最近で1番鳥肌がたった」「中島のドリブル凄かった。ここ最近はこれしか言ってない気がする(笑)」と絶賛の嵐。観ていると何かしてくれそうでワクワクする。森保ジャパンがスタートしてからずっと、そんな期待感が中島に寄せられているのは明らかだ。

 次戦は11月20日のキルギス戦。サポーターが期待する中島の「森保ジャパンでの初ゴール」は目撃できるだろうか。

最終更新:11/17(土) 7:13
SOCCER DIGEST Web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

あなたにおすすめの記事