ここから本文です

大迫勇也が過熱する"新BIG3"報道に苦言「メディアのみなさんはそこにこだわるけど…」

11/17(土) 7:17配信

SOCCER DIGEST Web

「その3人とだけ絡んでも仕方ない」

11月16日、大分スポーツ公園総合競技場で国際親善試合の日本代表対ベネズエラ代表が行なわれた。森保ジャパン発足から4連勝を目指した日本代表は39分に酒井宏樹のゴールで先制するも、81分にPKで失点し、1-1のドローに終わっている。

【日本代表PHOTO】日本×ベネズエラ戦の美女サポーターたち!

 2トップの一角でスタメン出場した大迫勇也はベネズエラ戦をこう振り返った。

「チームとしてうまく機能してたのは事実で、相手が良いチームなのも事実。そのなかで2点目が取れなかったことがいちばんの課題ですかね。そんなに悲観する内容ではないと思います」
 
 また、中島翔哉、南野拓実、堂安律の3選手との関係について聞かれると「メディアのみなさんはそこにこだわってますけど、その3人とだけ絡んでも仕方ない。(柴崎)岳にしろ(遠藤)航にしろ良い縦パス出してくれる選手はいるので」と注目が偏っていることへの疑問を口にした。

 それでも試合をこなしていくうえで前線の大迫、中島、南野、堂安の連係は向上している印象だ。大迫は最後に「ほんとに2点目ですね。2点目取れれば良い試合になったと思いますけど、たらればなんで。次に切り替えて、結果を残せるように良い準備をするだけです」と悔しさを滲ませつつも、次の20日のキルギス戦に目を向けた。

最終更新:11/17(土) 13:29
SOCCER DIGEST Web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

あなたにおすすめの記事