ここから本文です

「理解と寛容」を以て人を育てれば、どんな社員でも、入社半年で一人前になるってホント?

11/17(土) 6:00配信

ダイヤモンド・オンライン

 鉄工所なのに、「量産ものはやらない」「ルーティン作業はやらない」「職人はつくらない」!
なのに、ここ10年、売上、社員数、取引社数、すべて右肩上がり。
そんな会社をご存じだろうか?
その名は、「HILLTOP株式会社」。京都府宇治市に本社がある。
今、この会社に、全国から入社希望者が殺到しているという。
その謎を解きに、記者は現地に飛んだ。
京都駅から近鉄・大久保駅で下車。タクシーで本社まで約5分。車を降り、本社を見上げた瞬間、度肝を抜かれた。
「ぴ、ピンク?こんな社屋、見たことない!」
とても鉄工所に思えない。
以前は、油まみれの“見るも無残な”鉄工所だったが、今や、宇宙・ロボット、医療・バイオの部品まで手がける「24時間無人加工の夢工場」へ変身。取引先はディズニー、NASAから一部上場のスーパーゼネコンまで今年度末に3000社超。社員食堂・浴室・筋トレルームがあり、「利益率20%を超えるIT鉄工所」とテレビで紹介され、年間2000人超が本社見学に訪れるという。
そして、最も注目されているのは、山本昌作代表取締役副社長の生産性追求と監視・管理型の指導を徹底排除した「人材育成」。「ものづくりの前に人づくり」「利益より人の成長を追いかける」「社員のモチベーションが自動的に上がる5%理論」を実践。入社半年の社員でも、ディズニーやNASAのプログラムが組めるしくみや、新しいこと・面白いことにチャレンジできる風土で、やる気あふれる社員が続出。
しかも、この経営者、鉄工所の火事で瀕死の大やけどを負い、1ヵ月間意識を喪失。3度の臨死体験。売上の8割の大量生産を捨て、味噌も買えない極貧生活をしたというから、まさに、個人も会社もどん底からのV字回復だ。
この20年、数々のカリスマ経営者を取材し続けてきた記者も、こんな面白い会社は見たことがない。
今回、初の著書『ディズニー、NASAが認めた 遊ぶ鉄工所』が第5刷となった山本昌作氏を直撃。人が採れない時代に、なぜ、京都の鉄工所が世界最先端のVIP企業から重宝され、日本中、いや世界中から入社希望者と見学者が殺到しているのか?
社員がイキイキ働きながら、がっちり儲かっている秘密を、HILLTOPの山本昌作副社長に語っていただこう。
(構成:寺田庸二)

● 座して半畳、寝て一畳

 本日11月17日は、私の64回目の誕生日です 。おかげさまで連載も39回目を数えました。

 私の座右の銘は、

 「座して半畳、寝て一畳」(起きて半畳、寝て一畳)
 です。

 「人間の生活に必要な面積は、座れば、せいぜい畳半畳分、寝ても、畳一畳分の大きさでしかない。人間が生きていくのに、それほど多くのものはいらない」

 という戒めの言葉ですが、私は、この格言を次のように解釈しています。

 「どんなに立派な肩書きがついていても、座ったら畳半畳分、寝ても畳一畳分の大きさでしかない。
 社長であれ一般社員であれ、大した差はないのだから、社長だからといって、偉そうに命令してはいけない。
 社員の協力なしに、会社を経営することはできない」

 2代目、3代目の経営者の中には、「社長=特権階級」だと勘違いし、あぐらをかいている人もいます。
 けれど、「社長」は、権限でも、権力でも、特権でもありません。

 経営者としての能力があるから社長に抜擢されているわけではなく、「たまたま経営者の息子として生まれ、チャンスをもらっただけ」
です。 社長とはいえ、しょせん、「座して半畳、寝て一畳」の小さな存在です。

 自分ひとりでは何もできません。

 ひとつの製品をつくり上げるまでには、社内外の多くの人たちの協力があって初めて成り立ちます。

 そのことがわかっていれば、社員にやさしくなれる
のではないでしょうか。

1/4ページ

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊ダイヤモンド

ダイヤモンド社

18年12月22日号
発売日12月17日

定価710円(税込み)

特集1 超訳! 学問のすすめ
現代人こそ学びたい諭吉の教え
特集2 学生が行ってみたい
インターンシップ 人気企業ランキング

あなたにおすすめの記事